スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

肩・首のトリガーポイント

 2009-11-15
肩・首のトリガーポイント

肩・首のトリガーポイント


寒くなってきたせいか、首から肩、背中から腰まで、こちこちになって来院される方が増えています。

●肩がはってつらい
●首を動かすと痛い
●急に猫背になった、
●息苦しい
●座っていると背中がはって腰まで痛くなる
●週に何日も頭痛がする
●目の奥が痛い
●目玉を動かすのが固い感じ
●ほお骨の片側が飛び出てきた、
●朝目が覚めたとき肩がどうしようもなく重くつらい、
●ひじや手・指がしびれる、
●腕が上がらなくなった
●急に握力が落ちた
●布団が持ち上げられない
●ドアノブが回せない、
などなど、さまざまな症状を訴えられます。

前回は、腰回りのトリガーポイントを紹介しましたが、今回は、
●肩から背中、腕から手にかけての痛み・しびれの原因になるトリガーポイント
●首から頭、目の奥・こめかみの痛みの原因になるトリガーポイント
の例を、二つほど紹介します。

どちらも、とてもよくある「こり」です。

症状やコリやハリの状態、全身の状態などから、痛みの原因であるトリガーポイントを突き止め、カイロプラクティックの全身調整と合わせた自然療法で、トリガーポイントを解消していきますと、症状が軽くなり、消えていきます。

肩から腕、手の指まで痛む・しびれる、首が痛くて動かせない → 斜角筋のトリガーポイント


斜角筋のトリガーポイント

「X」の部分にトリガーポイントができると、赤い点々の部分に、痛みやしびれが広がります。

斜角筋は、首と肋骨(ろっこつ)・鎖骨をつなぐ筋肉のひとつです。すぐ横を、肩・腕・手に伸びる神経が通っていて、以上があると、痛みやしびれが広い範囲に広がっていきます。

肩甲骨の脇が痛い、肩を動かすと痛い、首が回せない、腕やひじが痛む・しびれる、手の指が痛む・しびれる、など、さまざまな症状を引き起こします。

座り仕事のときの悪い姿勢、体に合っていない枕や寝具、肩掛けバッグ、スポーツでの無理な運動、など、この筋肉が異常を起こす原因はさまざまです。

筋肉にできたトリガーポイントを鎮めることで、症状は改善していきますが、再発させないためには、トリガーポイントを発生させた原因を解消していくことが大事です。

症状が軽くなったところで、再発予防のためのストレッチや、簡単な体操などを、練習していただきます。

首筋から頭、目の奥・こめかみの痛み → 僧帽筋(上部)のトリガーポイント


僧帽筋上部のトリガーポイント
肩こりや首こりから来る頭痛の場合、真っ先にチェックするのがこの筋肉です。

僧帽筋は、背中の上半分を広くおおっている、大きな筋肉です。とても「こり」が発生しやすい筋肉で、いろいろな部分にトリガーポイントができます。

背中や肩のコリやハリにつながることが多いのですが、僧帽筋上部のトリガーポイントは、少し例外的です。

この部分(Xの部分)にトリガーポイントができると、首筋から頭、目の奥・こめかみにかけて、痛みが広がります。

重い感じがする程度のこともありますが、激痛と言ってよいほどの症状が出ることもあります。

僧帽筋上部のトリガーポイントを鎮めると、目の奥・こめかみの痛みが軽くなり、場合によっては、消えて無くなります。

このトリガーポイントも、発生の原因となる習慣や姿勢などを詳しくお聞きし、適切に対処する必要があります。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、
トリガーポイント治療、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ

スポンサーサイト

腰のトリガーポイント

 2009-07-15
腰のトリガーポイント

腰のトリガーポイント


最近、「トリガーポイント」を知っている患者さんが増えてきました。

「私のこの痛みは、XXのトリガーポイントのせいではないかと・・・」と、来院される方もいます。

テレビなどでも紹介されているそうで、健康に関する知識が広まって、とてもありがたいことだと思います。

trp_zentai
写真は、当院の壁にはってある、トリガーポイントのマップ(一覧)です。

トラベル先生のチームが調べ上げたのですが、頭から足まで、いろんなところにできるのです。

トリガーポイントは、痛みやしびれの原因のひとつ


痛みやしびれは、神経や筋肉、血行や関節の状態など、さまざまな原因から起こります。

これらを総合的に解決していくのが、カイロプラクティックです。

トリガーポイントは、考えられる原因の一つなのですが、本当によく出くわす、痛みやしびれの原因です。

今回は、腰回りのトリガーポイントの例を、二つほど紹介します。

足を床に着けないほどの痛み/足がしびれ痛む → 小殿筋のトリガーポイント


trp_syoudenkin
「X」の部分にトリガーポイントができると、赤い点々の部分に、痛みやしびれが広がります。

お尻の上の部分、ちょうど、腰に手を当てたときに、手のひらが当たるあたりです。

こりがひどい場合には、強い坐骨神経痛に匹敵するほど、強烈な痛みやしびれが、足全体をおそいます。

そこまで行かなくても、足にしびれや痛みがあり、腰がはった感じがします。

坐骨神経痛の治りかけにも、よくあらわれます。

短い回数で消えてしまうことが多い(しばしば1回)です。

いきなり症状が消えて、患者さんはびっくりします。

しかし、再発させないためには、きちんと体のバランスを整える必要があります。

神経痛やヘルニア、関節炎などと間違えて治療すると、いつまでも治りません。

腰や股関節の重だるさ、痛み/ぎっくり腰みたいな強烈な腰痛 → 腰方形筋のトリガーポイント


trp_yhoukeikin
これは、なかなかまぎらわしい例です。

こりの場所は、背中の、骨盤と肋骨の間、位置は、骨盤側だったり、肋骨側だったりします。

腰痛のような、股関節の痛みのような、ぎっくり腰のような、症状です。

ひどいときは、ぎっくり腰のような状態になります。

触診すると、こりがありますので、刺激しますと、痛みが腰から股関節、足の付け根にかけて広がります。

「今、足に何かしましたか?」と、びっくりする患者さんもいます。

腰方形筋のこりは、とても多い症状の一つです。

体の状況を詳しく調べて、正しく対処する必要があります。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、
トリガーポイント治療、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ

コリの親玉、トリガーポイント

 2009-06-25
コリの親玉、トリガーポイント

コリの親玉、トリガーポイント


トリガーポイントって、何?


患者さんに、「トリガーポイントって何?」と、よく聞かれます。

「コリの親玉です」と、答えるのですが、壁にはったチャートをいっしょに見ながら、少し詳しくお話しします。

トリガーポイントの発見。別のところに痛みやしびれの原因が隠れていた


故ケネディ大統領の主治医であった、トラベル先生は、頑固なコリ、足全体がひどく痛くて歩けない、しつこい頭痛、など、いろいろな患者さんを診るうちに、あることに気がつきました。

痛いところから離れた筋肉の中に、コリコリがあって、そのコリコリを刺激すると、離れたところに痛みやしびれが放散するのです。

例えば、腰の横にコリコリがあると、足全体に、強い痛みやしびれが走ります。

首にコリコリがあると、額やこめかみが痛んだりします。

トラベル先生は研究を続け、コリコリと、痛みの分布のパターンを調べ上げました。

そして、そのコリコリを、「トリガーポイント」と、名付けたのです。

「トリガー」は、「引き金」という意味ですから、「トリガーポイント」とは、痛みや症状を引き起こす点、と言う意味になります。

トリガーポイント」を解消すると、つらい症状が消える


トリガーポイントの大きさ、形、頑固さ、症状の強烈さは、さまざまです。

症状が強烈でも、あまり頑固でなく、あっさり解消することもあれば、

大きくないが、とてもしつこく、なかなか解消しないものもあります。

例えば、足が痛くて、ほとんど歩けなくなって来院された方がいました。

病院でもらった痛み止めも効かないほど、激しい痛みです。

足を地面に付くと、激痛が走るので、自転車に乗って、片足でペダルを踏んで来院されました。

調べると、腰に大きなトリガーポイントがありました。

1回の施術で、トリガーポイントは解消し、症状は全くなくなり、治療は完了しました。

キツネにつままれたような顔をして帰宅されました。

頑固なものもあります。

お尻が痛い、と言うことで来院された方ですが、腰の深いところに、トリガーポイントがありました。

1回ごとに痛みが取れていくのですが、いろいろな姿勢を取ると、痛みが残っている。そこで、別の体勢で痛みを取る、と言うことが続きました。

痛みやしびれが、何から来ているのか、理解することが大事


もちろん、痛みやしびれが、すべて「トリガーポイント」から来ているわけではありません。

ほかにも、神経から来ているもの、循環不良からのもの、関節やスジの不良によるもの、など、いろいろです。

カイロプラクティックでは、これらを総合的に調べ、解決していきます。

トリガーポイントがある限り、痛みやしびれが続く


トリガーポイントの解消は、痛みの解消には、とても有効なことが多いのですが、

病院でとる、MRIやレントゲンには、ほとんどの場合、写りません。

ですから、症状を詳しくお聞きし、体のゆがみを考慮して、丹念に触診で探し、解消していくことが必要なのです。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ

手のしびれ、動かすと痛い指や腕、足のしびれ、お尻が痛い、背中が痛い、腰痛

 2009-06-21
手のしびれ、動かすと痛い指や腕、足のしびれ、お尻が痛い、背中が痛い、腰痛

手のしびれ、動かすと痛い指や腕、足のしびれ、お尻が痛い、背中が痛い、腰痛


お母さんは大変


手のしびれ、動かすと痛い指や腕、足のしびれ、お尻が痛い、背中が痛い、腰痛・・・

昨日来院された患者さんの訴えですが、すべてに共通することがあります。

それは、皆さん、子育てに励まれている、若いお母さんだと言うことです。

産前、産後で、体調・体力、生活が大きく変化


赤ちゃんが生まれる前と後で、女性には、体調面、社会面、生活面で、いろいろな変化が起きます。

仕事から離れたり、つわりが重かったり、赤ちゃんの世話で昼夜のない生活になったり、初めての経験にとまどったり、いろいろなことが、同時に起きてきます。

例えば、お母さんがよくかかる手首の腱鞘(けんしょう)炎は、「初産腱鞘炎」などとも言われたりします。

産後しばらくしたら、カイロプラクティックなどで体の点検を


痛みやつらさをずっと我慢して、こじらせてしまう前に、早めにかかりつけの先生に相談して、体の状態のチェックをしてください。

「病気ではない」状態であっても、体のつらさが取れないときには、カイロプラクティックで、体のゆがみや緊張状態をチェックするのが有効です。

カイロプラクティックは、「病気」と言うよりも、体の「機能的な障害」「不釣り合い」を調べて、調整していきます。

「体のゆがみ」を取って、無理のない体調に調整します。

慢性的な症状に効果が高く、また、症状が重くなる前の健康チェックに有効です。

それにしても、最近、坐骨神経痛の患者さんが多いです。

皆さん、軽いストレッチなどをして、予防に努めてください。

そして、できればひどくなる前に、カイロプラクティックで治してください。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ

姿勢矯正、骨盤矯正 で、毎日を充実させる

 2009-06-17
<strong>姿勢矯正</strong>、<strong>骨盤矯正</strong> で、毎日を充実させる

姿勢矯正骨盤矯正 で、毎日を充実させる


どこも痛くないのにカイロプラクティックを受ける


当院には、「どこも痛くない」「どこもつらくない」と言って来院される方が、たくさんいらっしゃいます。

予約の際に、症状を簡単にお聞きするのですが、「どこも痛くない、つらくない。でも、診て欲しい」と言われるのです。

来院され、お話を聞くと、体のゆがみ や、無理な姿勢が、そのうちに、つらい症状につながることをよく知っておられます。

痛みが出て、うんうん言いながら、毎週通うよりも、定期的に体をチェックして、常に元気な状態で、毎日を充実させたい、と考えておられます。

毎日を充実させる先行投資 と考えられているようです。

姿勢矯正骨盤矯正 は、毎日を充実させる先行投資


どこも痛くない「患者さん」を診るのは、坐骨神経痛や、ぎっくり腰 などで、痛くて困っている患者さんが元気になっていただくのとは、また別のうれしさがあります。

そして、生活で工夫されていること、気をつけられていることについて、いろいろな意見を交換するのは大変有意義なものです。

予防医療 としてのカイロプラクティック


カイロプラクティックは、予防医療 として発展してきた一面を持っています。

単純に言えば、従来の医学は、「悪くなったので治す」、と言う発想です。

それに対して、カイロプラクティックの理想は、「悪くならないように治す」という発想です。

つまり、痛みがあるなしにかかわらず、現在と将来の健康を増進するために、施術を行います。

カイロプラクティックを、健康生活のための先行投資と考えていただける方が、少しずつ増えてきて、大変心強く感じています。

増大する医療費、介護負担の問題を、現実的に解決する 一つの道がそこにあると思います。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィールとHP紹介

しばひろみ

Author:しばひろみ
腰痛、肩こり、座骨神経痛・・・、あなたの痛みを解決するために役立つ情報を紹介します。
痛みの仕組み、ゆがみ取り体操、ストレッチ、カイロ、超音波ケアなど・・・
しばカイロプラクティック武蔵境整体院のホームページへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。