スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

プールでの運動、骨盤への負担に注意

 2008-09-12
プールでの運動、骨盤への負担に注意

オリンピックでの競泳選手の素晴らしい動き、特に平泳ぎでの北島選手の大活躍は、多くの人々を感激させた。私も、見ていてその素晴らしい動き、力強さに感動した。

一般に、水泳やプール歩きなど、水の中での運動は、腰やひざに負担が小さく、リハビリや体力作りには好適な運動とされている。

ひざや腰の疾患の後の運動療法として、勧められることも多い。

また、全身を使う運動として、ご子息に勧めようと思われる方も多いと思う。



カイロプラクターの立場として、気をつけていただきたいのは、「平泳ぎやバタフライは、かなりの割合の方たちにとって、負担が大きすぎる」という事実だ。

というのは、この二つの泳ぎ方は、骨盤への負担が非常に大きい。一部の方は、避けた方がよいと思われることもある。


われわれの臨床経験からすると、骨盤の異常を抱えて来院される方は、8割を超え、9割に近い。

もちろん、そのすべての方達が、平泳ぎをしてはいけないというのではない。

また、平泳ぎやバタフライそのものが、悪いと言っているのでもない。まずは、他の泳法と、バランスをとって取り組んで欲しい。
そして、違和感を感じたら、すぐにトレーナーに相談することだ。

偏った泳法へのこだわりは、腰痛発生の因子になるかもしれない。事実、水泳選手には腰痛持ちの方も多いと聞く。



それにしても、北島選手の平泳ぎのあの素晴らしい力強さ。力強い上半身と、制御された下半身との、バランスだと思う。パワーだけではない、本人はもちろん、コーチの方の真剣さが伝わってくる。そのように思いながら、あらためてビデオを見た。

スポンサーサイト

スポーツが続けられなくなって、の来院

 2008-09-03
スポーツが続けられなくなってしまい、来院される人は結構多い。

来院される方には、大きく分けて2つのパターンがあるように思う。

パターン1
子供の頃から、ずっとスポーツに打ち込んできたんだけど、いろいろからだが悪くなってしまって、続けられなくなった。

パターン2
大人になってから、スポーツにはまったんだけど、やりすぎて身体をこわしてしまって、続けられなくなった。

パターン2の場合は、カイロの理論に従って、椎骨、頭蓋骨、四肢などの調整を根気よく行えば、たいていの場合順調に回復されていく。

身体のどこか一部分に不具合が出ている場合でも、全身の骨格や筋肉のバランスを検査し、治るための施術のローテーション(日程)に合意いただいた上で、身体のコアから治っていただくのが、カイロプラクティックの基本だ。

問題はパターン1の方たちだ。
身体ができていない頃からスポーツに打ち込みすぎると、骨や関節、靱帯の状態が正常な状態から外れてしまっていることがある。

というのは、人間の骨格というのは、かなり遅い年齢まで完全にはならないのだ。現在の人類では、30歳ころにならないと身体各部分の骨化が完了しないと言われている。

幼少のころから、スポーツに打ち込みすぎた方の場合、普通ではない状態で、骨格が固定されている場合がある。

このような方の場合、骨盤・股関節、脊椎、頭蓋骨、と言った、体の芯の部分にどのような無理がかかっているのかを慎重に診断し、バランスを回復していくことになります。

そして多くの場合、パターン1の状況からの回復は遅いです。

治りが遅い方には、小さいころから無理なスポーツをしていなかったか、尋ねるようにしている。

特に、慢性的なしびれなどがあるようであれば、早めに整形外科できちんと診断を受けた方がよい。

そしてその結果を持って、評判の良いカイロの先生のところに行ってみるのがよいと思う。

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィールとHP紹介

しばひろみ

Author:しばひろみ
腰痛、肩こり、座骨神経痛・・・、あなたの痛みを解決するために役立つ情報を紹介します。
痛みの仕組み、ゆがみ取り体操、ストレッチ、カイロ、超音波ケアなど・・・
しばカイロプラクティック武蔵境整体院のホームページへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。