FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

狭窄症、すべり症、坐骨神経痛の集中施術

 2009-06-06
<strong>狭窄症、すべり症、坐骨神経</strong>痛の集中施術

狭窄症、すべり症、坐骨神経痛の集中施術


「痛くて、まっすぐ立てなくて、困った」


長野県のMさん(76歳・女性)は一人暮らしをされています。

脊柱管狭窄症、すべり症の所見があり、また、右足には坐骨神経痛が、時折でます。

1ヶ月半前から足腰がとても痛くなり、歩けなくなって、仕事も買い物もできなくなり、困り切っていらっしゃいました。

当院の隣の市に住む息子さんが、しばカイロをネットで見つけられ、そこから通われました。

3週間6回の集中施術の結果、痛みが無く、元気に歩けるようになり、地元に帰られました。

「何をされるかと、とても怖かった。」


最初に来院されたときは、とても警戒されていて、どうしたんだろう?と思いました。

数回目にお話しされたのですが、ここまで悪くなったのは、1ヶ月ほど前に、坐骨神経痛の治療をしてもらいに行った「カイロプラクティック」で、股関節をぐいぐい強く押されてからだそうです。

「骨盤のゆがみに原因があります」と言われ、強く関節を動かされたそうですが、それっきり、痛みで立てなくなってしまったのです。

ボキボキしない、強い力を使わない、調整法であることがわかると、Mさんの警戒も解け、施術を受け入れていただけるようになりました。

1回でまっすぐ立てるようになり、3回でほぼ痛みが消えた


詳しく調べてみると、股関節まわりのバランスが崩れ、左腰・左足の筋肉が固く縮まっていました。

筋肉のバランスを回復しつつ、こわばった筋肉をゆるめました。

そして、坐骨神経の動きと循環をよくしていきました。

1回目でまっすぐ立てるようになり、「まっすぐ立てた!」と驚かれていました。

足踏みをすると、まだ痛みが残っています。

3週間くらいで帰りたいとの希望でしたので、1週間に2回のペースで通院いただく計画を立てました。

2回目以降は、痛みの残っている筋肉を回復させながら、体のバランスを回復し、神経の循環をよくしていきました。

3回目で、足腰の痛みはほぼ無くなり、足踏みができるようになりました。

そうすると、今度は、狭窄症の症状の一つである、間欠跛行(はこう)が現れました。

足踏みを10回くらいすると、足が上がらなくなります。

そこで、4~6回目の施術では、坐骨神経痛の施術を進めるとともに、神経の循環を改善させていき、歩ける距離を伸ばしていきました。

「ボキボキしないので、安心だった。」


Mさんのケースでは、筋力がしっかりしていて、股関節が柔軟だったため、回復が順調だったと思われます。

短期間で、十分な回復をされましたが、向こうに帰ってからの健康体操をいっしょに練習しました。

「ボキボキしないので、安心だった」と明るくおっしゃっていただけました。

きれいな空気と美しい自然を満喫して、元気に過ごされるよう祈っております。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィールとHP紹介

しばひろみ

Author:しばひろみ
腰痛、肩こり、座骨神経痛・・・、あなたの痛みを解決するために役立つ情報を紹介します。
痛みの仕組み、ゆがみ取り体操、ストレッチ、カイロ、超音波ケアなど・・・
しばカイロプラクティック武蔵境整体院のホームページへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。