スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

狭窄症、すべり症、坐骨神経痛の集中施術

 2009-06-06
<strong>狭窄症、すべり症、坐骨神経</strong>痛の集中施術

狭窄症、すべり症、坐骨神経痛の集中施術


「痛くて、まっすぐ立てなくて、困った」


長野県のMさん(76歳・女性)は一人暮らしをされています。

脊柱管狭窄症、すべり症の所見があり、また、右足には坐骨神経痛が、時折でます。

1ヶ月半前から足腰がとても痛くなり、歩けなくなって、仕事も買い物もできなくなり、困り切っていらっしゃいました。

当院の隣の市に住む息子さんが、しばカイロをネットで見つけられ、そこから通われました。

3週間6回の集中施術の結果、痛みが無く、元気に歩けるようになり、地元に帰られました。

「何をされるかと、とても怖かった。」


最初に来院されたときは、とても警戒されていて、どうしたんだろう?と思いました。

数回目にお話しされたのですが、ここまで悪くなったのは、1ヶ月ほど前に、坐骨神経痛の治療をしてもらいに行った「カイロプラクティック」で、股関節をぐいぐい強く押されてからだそうです。

「骨盤のゆがみに原因があります」と言われ、強く関節を動かされたそうですが、それっきり、痛みで立てなくなってしまったのです。

ボキボキしない、強い力を使わない、調整法であることがわかると、Mさんの警戒も解け、施術を受け入れていただけるようになりました。

1回でまっすぐ立てるようになり、3回でほぼ痛みが消えた


詳しく調べてみると、股関節まわりのバランスが崩れ、左腰・左足の筋肉が固く縮まっていました。

筋肉のバランスを回復しつつ、こわばった筋肉をゆるめました。

そして、坐骨神経の動きと循環をよくしていきました。

1回目でまっすぐ立てるようになり、「まっすぐ立てた!」と驚かれていました。

足踏みをすると、まだ痛みが残っています。

3週間くらいで帰りたいとの希望でしたので、1週間に2回のペースで通院いただく計画を立てました。

2回目以降は、痛みの残っている筋肉を回復させながら、体のバランスを回復し、神経の循環をよくしていきました。

3回目で、足腰の痛みはほぼ無くなり、足踏みができるようになりました。

そうすると、今度は、狭窄症の症状の一つである、間欠跛行(はこう)が現れました。

足踏みを10回くらいすると、足が上がらなくなります。

そこで、4~6回目の施術では、坐骨神経痛の施術を進めるとともに、神経の循環を改善させていき、歩ける距離を伸ばしていきました。

「ボキボキしないので、安心だった。」


Mさんのケースでは、筋力がしっかりしていて、股関節が柔軟だったため、回復が順調だったと思われます。

短期間で、十分な回復をされましたが、向こうに帰ってからの健康体操をいっしょに練習しました。

「ボキボキしないので、安心だった」と明るくおっしゃっていただけました。

きれいな空気と美しい自然を満喫して、元気に過ごされるよう祈っております。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ

スポンサーサイト

腰痛体操 その1

 2009-04-02
腰痛体操 その1

腰痛体操 その1



腰痛体操をする前に



腰痛が激しいときは安静にして、患部を冷やしてください。ただし、15分間以上冷やしてはいけません。
数日して、痛みが和らいできたところで、軽い運動を始めてください。毎日、15分間を目安に続けてください。
無理のない体操で、回復を早め、腰痛を予防しましょう。

準備


膝立て
膝を立てて横になります。

腹式呼吸


膝立て
準備の姿勢で横になったまま、腹式呼吸の練習をします。下腹の筋肉を鍛えます。
①口から息をゆっくり吐きながら、おなかを大きくへこませてください。おなかの中から空気を絞り出すようなイメージです。
②鼻から息をゆっくり吸いながら、おなかを大きくふくらませてください。
吐く息を、吸う息よりゆっくり長くします。

おへそのぞき


へそのぞき
①頭を持ち上げ、自分のおへそをのぞき込むようにします。10数えたら、頭をおろします。
②10数える間やすみます。
③再び、10数える間、頭を上げます。あごが上がってしまわないように、しっかりおへそをのぞき込みます。
5回繰り返します。

片足かかえ


膝かかえ
①片足をかかえます。
②足を胸に引きつけ、10数える間維持します。
③足を床に戻し、反対の足をかかえ、10数える間胸につけます。
片側5回ずつ繰り返します。

片足かかえ+頭上げ


膝抱え頭上げ
①片足をかかえます。
②頭を持ち上げ、あごをひざに近づけます。10数える間維持します。
③足を床に戻し、反対の足をかかえ、あごをひざに近づけます。
片側5回ずつ繰り返します。慣れると、あごをひざにつけられるようになります。

片足上げ


片足上げ
①ひざを伸ばしたままで、ゆっくり片足を上げます。60度くらいの位置で、10数える間維持します。
②足をゆっくり床に戻し、反対の足を上げます。
ひざを曲げないで、足をゆっくり上げ下げします。片側5回ずつ繰り返します。

足浮かし


足浮かし
①ひざを伸ばしたままで、片足を床から10センチくらい上げます。10数える間維持します。
②力をストンと抜き、足を床に落とします。反対の足を上げます。
足をゆっくり上げ、脱力してストンと落とします。片側5回ずつ繰り返します。

お尻浮かし


膝立て
①ひざを立てて寝た状態から、お尻を浮かします。10数える間維持します。痛みが出るようであればやめます。
②お尻を床に戻し、10数える間休みます。
5回繰り返します。お尻を上げる高さは、無理のない程度でよいです。慣れると徐々に高くしていきます。

足首曲げ伸ばし


足首曲げ
足首伸ばし
①足を伸ばして寝ます。腰に痛みが出るようであればやめます。
②足首を曲げながら、ゆっくり鼻から息を吸います。
③足首を伸ばしながら、ゆっくり口から息を吐きます。
呼吸に合わせた足首の曲げ伸ばしを、10回繰り返します。

クールダウン


クールダウン
①横になった姿勢に戻り、100数える間休みます。自然に楽に呼吸します。
腰がつらければ、ひざを立ててもかまいません。この体操に限らず、ストレッチや体操の後には、必ず一分間以上のクールダウンをします。

ボキボキしない、安全でやさしいカイロ
しばカイロプラクティック

劇的○フォー○フター 姿勢改善!1週間で身長が9センチ伸びた

 2009-03-16
姿勢改善!1週間で身長が9センチ伸びました

姿勢改善!1週間で身長が9センチ伸びた



立っているだけでつらい、腰が痛い



開業してから約一ヶ月、さまざまな方に来院いただきました。小学生から、80代の女性まで、皆さんいろいろな悩み・痛みを持たれています。

症状が軽くなったからと言って油断せず、定期的に来院いただき、痛みの根本から治していただきたい、そう思わずにはいられません。

今日は、劇的な体調の改善を体験されつつある患者さんの一人、Kさんのケースを紹介します。

からーん、とドアベルが鳴って、入ってこられたKさんを見てびっくりしてしまいました。

まるで、今にも重力に押しつぶされそうに苦しそうな体勢です。

Kさん:「立っているだけでつらい。手が挙げられない。とにかく苦しい。」

姿勢分析器に乗るのもつらそうです。
Kさん施術前

もともと160センチあったという身長が、今は149センチしかありません。(一番上の横の基準線が150センチです。)

骨盤矯正で背骨を立てると違和感が



ブロックを用いて骨盤矯正を行うと、背骨はかなりまっすぐに立ってきました。
Kさんブロック矯正後

Kさん:「鏡を見ると、まっすぐに立っているのはわかるけど、自分ではすごく妙な姿勢をしているように感じる。無理矢理感がある。」

全身の筋肉のバランスと、体感覚が、大きく崩れてしまっています。

筋肉のバランスを整えながら、新しい姿勢が「気持ち良くて楽」であることを、脳に教えてあげる必要があります。2回目以降に調整を行っていくことになりました。

また、体勢が大きく変わったため、再び腰痛が出るかもしれません。
そこで、腰痛をすぐに止めるバンドの巻き方をお伝えしました。
バンドはお守りに持って行ってもらいます。

施術後、帰り支度をされていたKさんが、

Kさん:「あれー、ズボンがゆるゆるになっている。」

そうですね。骨盤がしまってきましたね。

筋肉のバランスを調整していくと、まっすぐ立っている感覚がよみがえってきた



2回目と3回目の施術は、筋肉のバランスを調整することに重点を置きました。幸いにも腰痛は出なかったようです。

はっきり変化を自覚されたのは、3回目の施術後でした。
Kさんバランス調整後

Kさん:「骨盤の上に背骨がまっすぐ乗っている感じがする。無理な感じがしない。腕が上がるようになってる。」

そして、1回目から3回目までの姿勢写真を、一緒に眺めました。
姿勢改善

身長も158センチまで戻ってきています。(一番上の横の基準線が150センチです。)
腰の高さも高くなり、足が長くなりました。

姿勢の変化に、身長の変化にご自分でも驚かれた様子。

Kさん:「でも、また以前みたいに身体がずれて来始めたらどうすればよいんでしょう。」 まだ、不安そうです。

そこで、お守りに、ご自宅や職場でできる、簡単なストレッチ体操をお伝えしました。
体操でリセットできますよ。

自ら良くなろうとする気持ちの強さ


良くなりたい、と言う気持ちを人一倍お持ちのKさん、治療中に必ず、「良くなりたい。絶対に良くなる!」と叫ばれます。

その強い気持ちさえあれば大丈夫。自らをコントロールする力を持っているKさんの回復は、着実で早いでしょう。

後はこの変化を定着させていきましょう。そして周りの人をびっくりさせてくださいね。

肩こり体操その2

 2009-03-04
肩こり体操その2

肩こり体操その2


体操その1もそうですが、肩こりだけでなくて、五十肩・四十肩の予防、リハビリにも良いです。

私も、来院いただいた患者さんと体操しています。

準備:


katakori_2_0.jpg

まっすぐ立ちます。あるいは座っていても良いです。
両手を胸に付け、軽く組みます。
両手は胸に付けたままで、ひじを左右に水平に張ります。


動作1:


katakori_2_1.jpg

両手を胸に付けたまま、ひじの高さをできるだけ保ったままで、ひじを前に持っていきます。


動作2:


katakori_2_2.jpg

そのままの姿勢で、今度はひじを後ろに持っていきます。
※動作1と2を、10回程度繰り返します。

注意点: 最初から頑張りすぎるとけっこうきつい事があります。その場合は、回数を少なめにして、慣れてきたところで回数を増やしてください。

他の体操も見てくださいね。(まだ少ないけど。)

しばカイロプラクティック しばひろみ

肩こり体操その1にイラストを入れました

 2009-03-03

健康体操にイラストを入れました


まだ一つだけですが。


健康体操を文字だけで説明するのは難しい・・・


かなり以前の記事なのですが、「肩こり体操その1」を書きました。

うーん、文字だけでわかりにくい。

患者さんと一緒に練習するときには、すぐにわかっていただけるのですが・・・。


イラストを入れました


と言うことで、イラストを入れてみました。

こんな感じです。
肩こり体操その1_0

肩こり体操その1_1


肩こり体操その1_2

少しはわかりやすくなったでしょうか?

これから少しずつ、過去記事も整理しながら、いろいろな説明にイラストを追加していくつもりです。

同時に、サイトの「健康体操」のページに集約していきたいと思います。

しばカイロプラクティック しばひろみ

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィールとHP紹介

しばひろみ

Author:しばひろみ
腰痛、肩こり、座骨神経痛・・・、あなたの痛みを解決するために役立つ情報を紹介します。
痛みの仕組み、ゆがみ取り体操、ストレッチ、カイロ、超音波ケアなど・・・
しばカイロプラクティック武蔵境整体院のホームページへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。