スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

書籍紹介「手を添えるだけで、骨のゆがみがなおる!」

 2008-09-09
「手を添えるだけで、骨のゆがみがなおる!」とカイロプラクティック

書籍「手を添えるだけで、骨のゆがみがなおる!」の紹介


今日は、「手を添えるだけで、骨のゆがみがなおる!」という本を紹介します。
初めてAmazonの書籍の紹介を張り付けてみました。

ちゃんと表示できているでしょうか?



(社)静岡県療術師協会会長 吉田先生の新刊「手を添えるだけで、骨のゆがみがなおる!」です。

そんなに弱い力で骨格矯正、骨盤矯正できるのだろうか?


「手を添えるだけで、骨のゆがみがなおる」と言われても・・・、
腰痛持ちとかでない人からは、なんだか怪しそう、
真剣につらい人からは、「何を気楽なことを言ってるんだろう!」
となりそうです。

実は、わたしも、当初は、この本のことをあまり気にしていませんでした。

題名が、あまりにも都合が良さそうに聞こえたもので。

カイロプラクティックとの共通点に気がついて、気になってきた


それでも、ずっと題名が気になっていました。

そして、ある日、骨盤矯正をしていたとき、急にひらめいたのです。

もしかして、わたしが採用している骨格矯正、骨盤矯正の手法と、
同じようなタイプの手技なのではないだろうか?

というのは、わたしの使う整体・カイロプラクティックの手技は、
ごくごく弱い持続圧しか使いません。
それでも骨盤のような動きにくい部分が矯正されます。

帰り道に「手を添えるだけで、骨のゆがみがなおる!」に出会う



帰り道による本屋さんで、ふと見ると、そこにありました。
薄めの本なのに、目の高さのそこにあり、気がつきました。

手に取ってみましたが、とても感動しました。

われわれが、日々行っている矯正法にごく近いものを、
誰でも、手だけで行える。

そんな本です。

すぐに買ってきて、研究中です。

腰痛、座骨神経痛、膝痛、腕・肩こり、頭痛・・・、試してみて損はない


例えば、72ページからのぎっくり腰、
60ページからの、腰痛の矯正

この手技を、正しい方向に、自信を持って、行えば、
痛みはかなり取れると思います。

一方、頭蓋骨の調整は、なかなか難しいかもしれません。
強くやりすぎないこと、
手を当てているくらいで良いのだ、
と、思ってやってみると、良い効果が出ると思います。

安全で有効な自家療法が紹介されていると思います。

姿勢などでのチェックだけでは、不足があるかも・・・


ソフトで無痛、安全。しかも効果的。
わたしも、わたしもこの手技を使えるよう
勉強しておきます。
なんの道具も必要なく、いつでもできますので。

ただし、紹介されているような、姿勢や骨盤の傾きだけで
矯正方向を見極めるのは、難しいことがあるかもしれません。

ですから、あくまでも、受け手が気持ちよく、
やっている方も、頑張っていない、
状態と、心持ちを忘れない事が大事だと思います。

そうすれば、もし矯正方向が間違っていても、大事にはなりません。

それどころか、
受け手との対話を繰り返すうちに、
あなた自身、あなたのパートナー・家族にとって、
かけがえのない癒し手に、
あなたは育っていく事でしょう。

骨との対話で、癒す


「手を添えることで骨と会話する。」
「会話しながら、ゆがみを戻していく」

受け手との対話を繰り返すうちに、
あなたの手が、癒しの手に育っていく。

手で骨と会話しながら、ゆがみを戻していく。
素晴らしい本だと思います。

スポンサーサイト

むやふおまの法則

 2008-07-20
ブログをしばらくサボってしまった・・・。

日々暑くて暑くて暑くて。梅雨明けに富士登山日帰りを決行!とか思っていたが、それどころではない。もう夏ばて気味?

ところで、今日読んだのだけど、作家・脚本家の井上ひさし先生は、せがまれた色紙に、

むつかしいことをやさしく、
やさしいことをふかく、
ふかいことをおもしろく、
おもしろいことをまじめに、
かくこと
by 井上ひさし


と、書くのだそうだ。実はこれ、先生の仕事のルールなのだそう。

おお、なんだかすごくいい感じ!なんだか響いてくるよ・・・。で、整体バージョンを作ってみた・・・。

むつかしい症状を、検査でやさしく理解する
やさしく理解したところを、理論でふかく説明してあげる
ふかく説明したところを、日常に即しておもしろく納得してもらう
おもしろく納得したところで、まじめにしっかり施術する
by しばひろみ

なんと僕の理想の整体ではないか?!道は一つ、というのは正しいに違いない。ありがとうございます。井上ひさし先生。明日からこのようにはできないが、そのうちできるようにしたい!

と言うことで、まずは、「おもしろく納得してもらう!」あたりから始めようかな。

『免疫学個人授業』(新潮文庫)

 2008-06-15
「自分とは、自分ではないもの、ではないものである」

多田富雄先生と、南伸坊さんの『免疫学個人授業』(新潮文庫)を読んだ。自己と非自己を区別するために、人体が開発した精妙な「超システム」である免疫の仕組みが、分かりやすく、でも深い考察とともに、語られている。

「自己でないもの」を排除する活動が、生物学的な自己を形作っている。自己でないものを区別できなくなったとき、あるいは、自己を自己でないと認識してしまったとき、生命はバランスを失い、不調和の中に崩れ去ってしまう。「超システム」である免疫システムは、自己目的化しており、人体を守る、というそもそもの目的を忘れて、免疫不全症という難病を、しばしば引き起こしてしまう・・・。

カイロプラクティックにおいても、交感神経・副交感神経のバランスをとっていく手技がある。一見地味で派手さはない手技だが、カラダの調和を取り戻す上でかなめとなることも多い。

人間が他者について感じる怖れ、しかし一方で、他者との差異を通じて自己を確立するプロセス、これらは生物学的な自己の形成と軌を一にしているように感じた。アリストテレスの、人間は社会的な存在である、と言う言葉は、人間は社会的な活動によって自己を存在させる、と言い直すこともできるだろう。

また、免疫のシステムが、ストレスや精神状態に対する感受性を持っていることも学んだ。体を整えて気分もリフレッシュすれば、免疫の力が高まるわけだ。カイロプラクティックや整体によって体調を整えることが、健康づくりに直接に結びつくことが、科学研究からも立証されているわけだ。とても心強い。
免疫学個人授業 (新潮文庫)免疫学個人授業 (新潮文庫)
(2000/12)
多田 富雄南 伸坊

商品詳細を見る

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィールとHP紹介

しばひろみ

Author:しばひろみ
腰痛、肩こり、座骨神経痛・・・、あなたの痛みを解決するために役立つ情報を紹介します。
痛みの仕組み、ゆがみ取り体操、ストレッチ、カイロ、超音波ケアなど・・・
しばカイロプラクティック武蔵境整体院のホームページへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。