スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

肩こり体操 その1

 2008-09-06
肩こり体操 その1
肩甲骨まわりのストレッチ(肩関節、肋骨(ろっこつ)、胸骨あたり)


肩こりにもいろいろあるが、今回は、肩甲骨の周辺、肋骨(ろっこつ)や胸骨の周辺にアプローチしてみよう。

3つほど体操を紹介する。体操3は、夜寝る前にやらない方がよいので、気をつけて欲しい。




体操1)

準備:
肩こり体操その1_0

まっすぐ立つ。背筋が伸ばせれば、座ったままでも良い。

両手を、後頭部で組む。

両手を組んだまま、ひじを左右に開く。

動作1:
肩こり体操その1_1

ひじの位置はそのままで、ふーっと息を吐く。

★息を吸いながら、ひじを閉じていく。(ひじは顔の前に来ます。)


動作2:
肩こり体操その1_2

★次に、息を吐きながら、ひじを開いていく。(ひじは左右の耳の横に来ます。)


★の動きを繰り返す(逆向きの呼吸に合わせて、ひじを閉じたり、開いたりする)。10~20回くらいで充分です。

注意点: 息を吸いながら、ひじを閉じることに注意!ちょっと逆な感じがすると思います。同じように、息を吐きながら、ひじを開きます。

注意点(追加): たくさんの方から、「呼吸とひじの開閉が、逆になる!」と言われてしまった。でも、これは、あえて逆になっているのです。これはストレッチ体操です。ですので、日常の、自然な動きとは、反することもあります。やってみて、不思議さを感じたら、続けてみてください!




体操2)
まっすぐ立つ。あるいは座っていても良い。

両手を胸に付け、軽く組む。

両手は胸に付けたままで、ひじを左右に水平に張る。

★両手を胸に付けたまま、ひじの高さをできるだけ保ったままで、ひじを前に持ってくる。

★そのままの姿勢で、今度はひじを後ろに持ってくる。


★の動きを10回繰り返す(ひじを水平に前後させる)。


注意点: 最初から頑張りすぎるとけっこうきつい事があります。その場合は、回数を少なめにして、慣れてきたところで回数を増やしてください。




体操3)
まっすぐ立つ。背筋が伸ばせれば座っていても良い。

★両方の手を軽く握り、右手は右肩の前に、左手は左肩の前に持ってくる。

握った指が、肩の方を向くようにして、脇(わき)を軽く締める。

ふーっと、息を吐く。

次に、息を吸いながら、胸を開き、背中の真ん中で、左右の肩甲骨がぶつかるようにする。(実際にはなかなかぶつかりませんが、できるだけそんな感じをイメージして、肩甲骨を寄せていってください。)

このときに、脇(わき)が空かないように、軽く締めたままで、胸を開きます。

息を吸いながら肩甲骨を寄せきったところで、息を止める。

苦しくなってきたところで、はぁーっと、一気に力を抜く。(手、腕、肩、肩甲骨、すべて力を抜いてだらんとしてください。)

10秒間ほど自然な息をして、呼吸を整える。

★のところから、息が苦しくなって力を一気に抜くところまで、3回繰り返す。

脱力後、次を焦らず、必ず呼吸を整えてくださいね。大事です。


注意点: 血圧の高い方は、避けてください。また、寝る前にすると、眠れなくなるかもしれません。朝起きたとき、あるいは、日中に試みてください。




肩甲骨まわり、胸骨まわりは、知らず知らずのうちに凝り固まっていることが多い。

回数など、自分流にアレンジしていただいても良い。また、まずは楽にできるものだけでも良い。気軽に、少しずつ続けてみてください。

スポンサーサイト

体質の違いと回復後の運動

 2008-08-22
痛みからの回復後の運動

体質・体型にによって、どんどんやった方が良い体操、避けた方が良い体操があることをご存じだろうか?

例えば、腰痛、座骨神経痛、首痛などから解放されたのに、しばらくすると、また来院される方がいる。元気になったので、いろいろな運動を頑張りすぎてしまい、また痛くなってしまうことがあるようだ。

一般に、筋トレは、痛みを防止するのに有効だと思われている。しかし、例えばあるタイプの弱みを骨盤に持つ方は、ヒンズースクワットのような運動をやりすぎてはいけない。もちろん逆に、そのような運動がとても効果的な方もいるのは事実だ。

実際に、ある年配の女性が、ご主人に勧められた「とても良い運動」を毎日繰り替えした結果、腰痛が再発し、立ち上がれないほどの状態になってしまったことがあった。

骨盤修正の結果、幸いに数回で症状は改善したが、ご夫婦に、骨格のタイプの違いと、体質にあった運動やストレッチ・体操のことを指導した。

相手のために良かれと思って勧めているだけに、難しい。ご主人はがっかりして自信をなくしているし、奥さまはなんだか申し訳なさそうにしている。

でも、とりあえずわかっていただけたようで良かった。

運動一つにしても、その人に合っていて、健康を増進するものと、そうではなくて、健康をすり減らしてしまうものがある。

あなたも、運動をしたその後、妙に体調が良かったり、反対に思いがけないほど疲れてしまったりしていないだろうか?

そのようなときは、信頼できるカイロプラクターに相談してみるのも良いかもしれない。きっと、さらに楽しく運動や生活を送るヒントを得ることができると思う。

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィールとHP紹介

しばひろみ

Author:しばひろみ
腰痛、肩こり、座骨神経痛・・・、あなたの痛みを解決するために役立つ情報を紹介します。
痛みの仕組み、ゆがみ取り体操、ストレッチ、カイロ、超音波ケアなど・・・
しばカイロプラクティック武蔵境整体院のホームページへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。