スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

うつ症状と脳脊髄液の循環の関係

 2008-06-30
朝、庭に射(さ)している光が、いつになく奇麗に見えたんです。すーっと殻をぬいだ心境です。

多摩の落ち着いた住宅街で、事業を営まれているNさん。寝ていると、背中の真ん中がキュッーと締め付けられて目が覚める、何度も寝返りを打って楽な姿勢を見つけては少しまどろむという感じで、なかなかきつそうだ。

お宅にお邪魔し、状況を伺った後、検査を始める。頸椎(けいつい)に強い反応があり、「何かやりました?」と尋ねると、「そういえば4年前にバイクで事故をして、宙を飛んで首から落ちたんですよ。」そういえば、じゃないでしょう!そんな大事故言ってくださいよ、 と言いたいが、ぐっとこらえて話を聞く。整形外科で処置を受けた後も不快感が残っていたため、とある整体院に行って施術を受けたそうだ。「今のところはここまでだけど、その内、何か出てくるかもしれないので、気をつけていてくださいね」と言われたという・・・。

右ひざから股(こ)関節にかけて、緊張が強い。聞いてみると、1年前まで続けていた仕事が肉体的につらく、右太ももが炎症を起こすほどだった、との話・・・。ひざ・股(こ)関節の状態を調べるが、幸いなことにひざおよび股(こ)関節に異常はないようだ。

さらに、骨盤、脊椎(せきつい)、頸椎(けいつい)の状態、頭蓋(ずがい)骨と脳脊髄(せきずい)液循環の状態を調べる。

検査に基づいて、矯正を施していく。矯正と言っても痛みはない。基本的に、「寝ているだけ」だ。Bさんにはとても不思議に思えたらしい。初回の方に多いのだが、何となく居心地悪そうにしている。

脳脊髄(せきずい)液の循環状態が悪い。もしやと思って聞いてみると、「軽い鬱(うつ)だと診断されました。」

頭蓋(ずがい)骨の調整まで終わったところで、足踏みをしてもらう。まだ左右の緊張の不調和は残っているが、初回としてはここまでだろう。背中の真ん中の緊張は、はっきりわかるほど楽になったようだ。

施術後、仕事中と睡眠中の姿勢について若干のアドバイスをする。Bさんとしては、背筋が伸びて、呼吸の時に「空気が楽に入ってくる感じ」「いつも気になっている背中の緊張が小さくなった」ことに喜んでいる様子。

数日してNさんから連絡があった。・・・・・・

「流れが変わった」のかも…。朝、庭に射している太陽の光が、いつになく奇麗に見えたんです。「…ウチの庭も悪くないな~」 木材のブロックやテーブルを配置したら「なごみの空間ができるかも??」なんて、ビジョンもかいま見たりして・・・。

「行動」を変えました。いろんな人と会って、いろいろ意見を聞いたりする。「蛇は、その時が来たら、すーっと殻をぬぐ。」今まさに「すーっと殻をぬいだ」心境です。

「動く」ことで「世界の見え方」が変わります。次の行動につながる確信があります!!

・・・・・・ 素晴らしい。Nさんの脳脊髄液の「流れ」も施術前後でずいぶん変わった。カイロプラクティックの施術だけでこのような自己変革が起きたとは言わない。しかし、一つの力になったことは間違いない。こちらこそ、ありがとうございました。

スポンサーサイト

壊せば直る。直れば治る。

 2008-06-22
壊せば直る?直れば治る?

「体を右にねじって、右に傾いて、ハイ戻って」「・・・あれ!腰が痛くなくなった・・・。」

私がときどき参加している、三軸修正法研究会の一場面。主宰される池上先生が、数分の内に参加者の体感覚を大きく変えてしまう。ちょこちょこっと検査をして、二言三言指示をする。参加者がそれに従って少しばかり体を動かすと・・・。痛みが消えている。

実に不思議。これは、カイロプラクティック?整体?それとも、手品の一種?初めて見たときは、他の参加者は「さくら」で、からかわれているのではないかと思ったほど。実際に施術してもらってようやく納得した。断じてインチキではない。

うそではないと分かっても、何が起きているのか分からない。この道30年の先生だから、では分かったことにならない。先生は、これは物理法則の応用だから、体の見方が変われば誰でもできるよ、と言われる。

今までの整体やカイロプラクティックの知識を脇に置き、よく観察してみる。発見できたことをまとめてみると・・・。

まず、先生は、「治す」と言わない。「変化する」と言う。痛みや不調和のある状態に凝り固まっているカラダを、その固着からずらしてやると、人間の体は自律的に調和する方に動いていく。生きている人間の体は「最新バージョン」なんだから、良い状態であるのが自然なことなのだ。カラダは、そのような自立系として悠久を生き抜いてきた傑作なのだ。

健康は努力して作り上げるものではない。むしろ、痛みや不調和の状態が、何らかの「積み重なり」で作り上げられたものだ。だから、不調和な状態は不自然・不安定なもので、ちょっとした刺激で「壊して」やれば、人間の体本来の復元力で「直って」いく。それが、体の感覚の変化として認識されたとき、症状が治まる、つまり「治る」と言うことだ。

それでも、「変化」は怖い。今まで何とか痛みと折り合ってきた、そう、あんなに辛くても、あれだけ頑張ってきたのだから、と、昔の習慣・感覚にしがみついてしまう・・・。でも、案じることはない、それが人間の本性だ。だからこそ二人三脚、患者さんのパートナーとして一緒に「直って」いけばよいのだ・・・。

先生のこの哲学を聞いてから、施術がとても楽になった。何も、施術者一人が健康を作ってあげているわけではない。施術を受ける人の直る力、治る気持ち、そこに手を貸してあげる行為なのだ。つまり、カイロプラクティックによる回復過程は、二人三脚の道中なのだ。

そして、施術を受けた人が、変化した体の感覚に気づき、それを受け入れられるようにしてあげること。あくまで、クライアントさんが回復の過程の中心にあること。カイロプラクティックと並行して、長いこと学んできたコーチングやカウンセリングでは、「クライアント中心療法」あるいは「主題はクライアントから」と言われている。

一人一人のペースで、一人一人の「健康」を感じていく。施術者はそれに付き添い、時として助力する。

メタボリックシンドローム対策の話題を聞くが、人々を、何か権威的に決められた「健康体」という幻想に向かって努力すべく駆り立てているような印象を持つ。本来、健康というのは、もっと気楽で、その人なりのものなのではないだろうか。病気を抱えていても、幸せな人がいるし、完ぺきな身体の持ち主でも、不健康な状態の人もいるだろう。先生もかなりふくよかだが、いつも楽しそうだ。

今のところの私の理解はここまで。

先生を見ていると、多くの思いこみがわれわれを縛り付けていることに気がつかされる。整体・カイロプラクティックの世界は広く、深い。でも、難しいわけではないようだ。これからも勉強させていただこう。そして、いつまでもお元気に活躍していただきたい。

20歳代の自分を思い出すことができました。

 2008-06-18
ご主人「ベルトの穴が一つ短くなったよ!」
奥さま「20歳代の自分を思い出すことができました。」

熟年のご夫婦に、カイロプラクティック二回目の施術。笑顔で施術を終えました。

「ダメもとだから。」 最初の施術のときのお言葉。長年、腰痛がひどく、鍼灸、マッサージなど、さまざまな療法を試されてきたそうで、今回のカイロプラクティック整体も効かないだろう、効果があっても一時的なものだろう、というのが施術前の気持ちだったそうです。真剣に治ろうとしているのに、といういらだち。本当にもっともなことだと思います。

幸い、カイロプラクティック一回目の施術で、背中全体と肩のこわばりがずっと軽くなり、カイロ整体の効果をはっきりと実感され、さらに効果が持続しているとの事で、今日二回目は、どのような変化が起こるか楽しみにされています。最高にうれしいご報告です。気を引き締めて、まずはしっかりした検査を行いました。

引き続き、検査に基づいて、骨盤、頭がい骨、そして全身の調整をしていきます。二回目ともなれば受ける方も要領を分かっていただいていて、施術中もリラックスされています。

施術後、服装を整えられて、「なぜかベルトの穴が一つ短くなったよ!」と驚かれています。若干猫背気味だった背筋がすらりと伸び、なるほど、おなかのラインもきれいに伸びています。

続いて奥さまに施術。骨粗しょう症で通院されていて、腰椎の圧迫骨折があるとのこと。慎重に検査と施術を進めていきました。骨折した部分を守るために筋肉が固くなっていたため、骨盤から頭がい骨までを調整し、背筋と腹筋のバランスを整えていきます。

施術後、「20歳代、テレタイピストとして夢多い日々を送っていたころの自分になったような感じがします。不思議なタイムスリップしたような気分です。いつも圧迫骨折の場所をいたわるような姿勢で立っていたのが、施術後は、スーッと体が立ち上がる感じで、実に楽になりました。」と言われた。

お二人とも、満足の笑みを浮かべていただいている。これほどうれしく、励みになることはない。

精神的には若者にはまだまだ負けられません、とおっしゃるお二人。これからも定期的にカイロプラクティック整体を受けようと思うと、おっしゃっていただけました。体も調和を取り戻し、ますますお元気に、お幸せに、過ごしていただきたいものです。

『免疫学個人授業』(新潮文庫)

 2008-06-15
「自分とは、自分ではないもの、ではないものである」

多田富雄先生と、南伸坊さんの『免疫学個人授業』(新潮文庫)を読んだ。自己と非自己を区別するために、人体が開発した精妙な「超システム」である免疫の仕組みが、分かりやすく、でも深い考察とともに、語られている。

「自己でないもの」を排除する活動が、生物学的な自己を形作っている。自己でないものを区別できなくなったとき、あるいは、自己を自己でないと認識してしまったとき、生命はバランスを失い、不調和の中に崩れ去ってしまう。「超システム」である免疫システムは、自己目的化しており、人体を守る、というそもそもの目的を忘れて、免疫不全症という難病を、しばしば引き起こしてしまう・・・。

カイロプラクティックにおいても、交感神経・副交感神経のバランスをとっていく手技がある。一見地味で派手さはない手技だが、カラダの調和を取り戻す上でかなめとなることも多い。

人間が他者について感じる怖れ、しかし一方で、他者との差異を通じて自己を確立するプロセス、これらは生物学的な自己の形成と軌を一にしているように感じた。アリストテレスの、人間は社会的な存在である、と言う言葉は、人間は社会的な活動によって自己を存在させる、と言い直すこともできるだろう。

また、免疫のシステムが、ストレスや精神状態に対する感受性を持っていることも学んだ。体を整えて気分もリフレッシュすれば、免疫の力が高まるわけだ。カイロプラクティックや整体によって体調を整えることが、健康づくりに直接に結びつくことが、科学研究からも立証されているわけだ。とても心強い。
免疫学個人授業 (新潮文庫)免疫学個人授業 (新潮文庫)
(2000/12)
多田 富雄南 伸坊

商品詳細を見る

不眠症と肩こり。検査の重要性

 2008-06-14
今回、二回目の施術となった女性。不眠症と肩こりで約1週間前に施術。肩こりが軽くなり、「散歩していて気持ちが良い」とのこと。一方、不眠症は続いている。

検査をしてみると、前回施術した内容については、すべて陰性で、特に悪いところは見あたらない。さらに検査を進めると、腰椎下部に強いマークがでる。その部位に過度な力が加わらないように、慎重に矯正を進める。自律神経の高ぶりを調整し、施術を終わる。

施術後、「上半身の姿勢を保つのが楽になった。コーラスで良い声が出そうです」との感想をいただいた。聞いてみると、脊椎(せきつい)の圧迫骨折を経験され、現在も通院中とのこと、むやみに押したりもんだりすると大変なことになるだろう。

適切な検査と、体の状態に合わせた施術の重要さをあらためて感じた。

オーダーメイドの施術

 2008-06-12
今日は整体の練習会(赤ひげ塾東京練習会)に参加した。カイロプラクティックと異なり、道具を全く使わないで施術を行う。一見原始的な手技のようだが、筋反射を利用したチェック方法で、技の種類や回数・角度などを調節しつつ進めてていく、体調や症状に合わせてダイナミックに施術の流れを構成していく方法だ。

一人一人に合わせた、いわばオーダーメイドの施術が展開されるわけだ。30分コース、60分コース、といった、お仕着せの設定では得られない、しっかりした効果と満足度を提供することができる。

加えて、緩やかな振動やゆれ、そして呼吸のリズムを利用した緊張の解放を行うので、痛みは全くなく極めて安全、小さなお子さんからお年寄りまで、また、骨粗鬆症を患われている方に対しても、全く問題なく施術できる。

何も道具を使わない、そして安心安全無痛だから、いつでもどこでも誰に対してでも施術してさしあげられる!この手技を習ったときの感激は忘れられない。

練習会の雰囲気は、とても建設的で、お互いの施術を批評しあったり、気づきを述べあったりと、得るものがとても多い。散会前にお茶を飲みながら、経営に関するさまざまな情報を交換しあうのも有益だ。

ここに集まったみんなの努力が、日本の代替医療を少しずつ前進させていくのだと思う。

「おお!首が回るよ!」 10年来の肩こり、首痛が。。。

 2008-06-11
70代の男性。大会社の社長を勤められた方だが、在職中から腰痛、肩こり、首痛と、痛み、あげくに原因不明の心臓の不調に悩まされていたという。悠々自適の生活に入り、心臓の不調和と腰痛はほぼ消えたものの、しつこい肩こりで「首が回らない」。

首の痛みはかなりしつこく、慎重に検査を進める。検査の結果に基づいて、骨盤と股(こ)関節の矯正、頭蓋(ずがい)骨の調整を施す。体のしんが調和を取り戻したところで、足首、肩の可動性を付ける。最後は頸椎(けいつい)の調整と脳脊髄(せきずい)液の流れの活性化。

終わって立ち上がられて、ぐるぐる辺りを見回されている。「空が広い」「呼吸が楽だ」 奥さまもご主人の背筋が伸び(10センチ近く頭頂が持ち上がった感覚だそう)、別人のような表情を見て、びっくりするやら喜ばれるやら。

数日して、メールでお礼の連絡があった。効果は一時的なものかと思ったが、持続している。ここ数日散歩の距離を伸ばしているが、以前のようにしょっちゅうつまずきそうになることもなくなり、何より肩の上で首がよく回るので、道路の横断がとても楽、まわりを見渡して、こんなにいろいろなものが周囲にあったことに気がついた、これからも定期点検したいとのこと、など、うれしいご報告だった。

年のせいだな、と、自分をあきらめかけていたよ、まだまだ至らないね、と、付け加えられていた。

年齢のせいにしないで、体をきちんと調整して、美しく元気に年を重ねていただきたいものだ。施術家にとって、お客さまのポジティブな変化を聞くことが最高の喜びだ。

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィールとHP紹介

しばひろみ

Author:しばひろみ
腰痛、肩こり、座骨神経痛・・・、あなたの痛みを解決するために役立つ情報を紹介します。
痛みの仕組み、ゆがみ取り体操、ストレッチ、カイロ、超音波ケアなど・・・
しばカイロプラクティック武蔵境整体院のホームページへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。