FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

腰痛にならない椅子の高さ

 2008-08-31
今回は、腰痛を起こしにくく、身体に負担の小さい、椅子と机の高さについて紹介する。

仕事場の椅子や机、電車などの乗り物の椅子、一日の時間の中で、ずいぶんたくさんの割合を、座って過ごしているのに、自分の身体に本当にあった高さを知らないし、誰も教えてくれないのは、不思議なことだ。

そこで、今日は、「楽な」椅子の高さを割り出す方法を紹介する。




まず、床から座面の高さ。

これは、自然に座ったときに、膝(ひざ)関節と股(こ)関節の高さがほぼ同じか、2~3センチ股(こ)関節側が低い高さになるようにすると良いと言われている。

ハイヒールなどを履いているのであれば、履いた状態で測定する。

鏡を使うか、あるいは家族や同僚に見てもらうと良いと思う。




しかしながら、実際にやってみると、何となく座面が高めに感じることが多いと思う。

そこで、薄めの座布団などを座面に敷いた状態で膝(ひざ)と股(こ)関節が水平になるように調節し、その後、座布団を取り除いた状態で座ってみると、楽なことが多い。これで、2センチくらい股(こ)関節が低い状態になる。

まずは、このあたりから試してみて欲しい。

ここまでが基本で、電車の椅子や作りつけの椅子が、自分にとって高いのか低いのか、だんだんわかってくると思う。






ここまでが準備。というのは、今の方法は、机の高さを考慮していない。

ほとんどの場合、机の高さは調節できないと思う。(学習机とかは別にして。)

長時間のデスクワークをする方は、机の高さを基準にして、適切な座面の高さを割り出し、その上で、踵(かかと)の高さを調節するために、「足置き」などを置いて膝(ひざ)と踵(かかと)の高さを調節すると良い。


具体的には、机の作業面(水平面)を基準にして、座高(座ったときのおしりの面から、頭の先までの高さ)の三分の一ほど低い位置に、座面が来るのが基本になる。

例えば、机の作業面の高さが、100センチ、座高が90センチ、身長が165センチだったとすると、座面の高さは、100-90/3=70センチとなる。

そして、70センチの座面に座ったときに、膝(ひざ)と股(こ)関節がほぼ水平になるように(あるいは2~3センチほど膝(ひざ)が高くなるように)、踵(かかと)の下に足置きを置いて調節してみて欲しい。




ただし、書き仕事中心の場合、また、キーボード入力が多い場合には、2~5センチくらい座面を高くした方が能率が上がると言われている。




つまり、作業の内容によって、読み物が多いのか、書き物が多いのか、キーボード入力が多いのか、そのような違いによって、2~3センチ単位で、気持ちの良い高さが変わってくるのだ。




行儀が悪いとか思わずに、仕事の状態、その日の体調に合わせて、椅子の高さや足の背を工夫してみていただきたい。




同じ姿勢を、ずーっと続けることが、一番腰に悪い。居心地が悪ければ、いろいろ工夫して欲しい。結局はそれが自分の身体を守ることになる。

スポンサーサイト

ストレートネック

 2008-08-28
ストレートネック

最近特に多くなってきているのが、ストレートネックの患者さんだ。

頚椎(首の骨)は、ゆるやかにカーブを描いているのが自然な状態だ。7番目の頚椎に対して、1番目の頚椎は、30~40度くらい背中側に倒れている。

このカーブが無くなってしまったのが、ストレートネック。まっすぐな首、と言う意味だ。

長時間のデスクワークや、ノートパソコンの使用などが原因だと言われているが、思い当たらない人もいる。


症状はさまざまで、肩こり、首痛、めまい、頭痛、不眠症、つかれ目、背中の張り、うつ症状など、いろいろだ。




整形外科では、けん引療法や、運動による首の筋肉強化などを行うが、なかなか目に見える成果が得られないことが多く、ストレートネックの治療は難しいとされてきた。






それに変わって注目されているのが、カイロプラクティックなどの骨格調整だ。

ただし、頚椎だけに着目し、首の周辺だけに矯正を加えるのでは、患者さんの苦痛も大きく、また、回復にも回数がかかる。

本物のカイロプラクティックでは、常に全体と部分との調和を考える。すなわち、骨盤や股(こ)関節、そして背骨全体と頭蓋(ずがい)骨の調整を行い、そのうえで必要最小限の矯正を頚椎に加えることで、患者さんへの負担が小さく、さらには、少ない回数で改善が見られることが多い。




ストレートネックで悩まれているのであれば、腕の良い本物のカイロプラクターに相談されてみてはいかがだろうか?

アーロンチェア。腰痛と椅子の関係

 2008-08-27
腰痛と椅子の関係

私は現在、整体師として活動しているが、昔は「コンサルタント」と名乗っていた。

締め切り前は、椅子に座りっぱなしで、十数時間連続で仕事をしたりしていた。

半端な「椅子」では、腰はだるくなる、肩はこる、背中全体が蒸れてくる、と、言う状態で、能率の上がらないこと、甚だしかった。




何とかならないのか、と、いろいろさがしてみた結果、米国製の椅子で、アーロンチェアというものを見つけた。

↓これだ。
アーロンチェアの庄文堂ネクスト


「長時間椅子に座ったままでも疲れない、その時の体調に合わせて、自在に設定ができる」、と言う。

その時の身体の調子に調整できるなんてすごいじゃないか!




脳裏に、しゃかりきになって文章を打ち込んでいる前傾姿勢にも、アイデアをまとめようと背筋を立てて斜め上45度視線でいる時も、ぐったりして背中を預けている時も、ゆったり、しっかりと、いつも体重をやさしく受け止めてくれる椅子の姿が浮かんで来た。

これは買うしかない!しかし、高いな~。どうしよう?

迷うこと数日。結局買いました。

届いた日に、かみさんに、「空でも飛びそうな椅子ね」と冷やかされてしまった。それほど、かっこいいのだ。





で、現在、アーロンチェアの上で、この記事を書いている。

結果、全く後悔していない。と言うか、購入して8年目にはいるけれど、どこもへたることもなく、新品同様の機能を発揮してくれている。

文句ない商品。大満足。




体重を分散して受け止め、また、メッシュ構造が蒸れを防いでくれる。

さまざまな機能設定と反発力設定が可能なリクライニング機能。




そして、なんと言っても大事なのが、腰椎・骨盤を支える仕組みだ。腰椎(腰の骨)をしっかり支えてくれる、ポスチャーフィット。こいつのおかげで、張り気味だった腰が和らいできた気がする。もしかして、腰痛予防の椅子かもしれない。




高い買い物のような気がしたけど、お世話になっている時間で考えると、間違いなくとっても得をしている。

腰痛に悩むあなた、腰痛が心配なあなた、長時間座りっぱなしのあなた、健康と能率向上の答えはアーロンチェアにあるかもしれませんよ。

治す施術と・・・

 2008-08-25
今日は、近所の接骨院(整骨院)に見学に行ってきた。

整骨院に真面目に通ったが治らない、と言って来院される方が、ずいぶん多いので、本当のところを確かめたかったのだ。

選んだのは、口コミで地元ナンバーワンの接骨院。駅からはずいぶん離れた、バスでも10分、自転車では20分くらいかかる場所だ。





着いてみて、驚いた。

バス停は目の前だけど、人通りはほとんど無い。自動車がどんどん走っている、郊外の田舎道だ。

でも、人が入っていく。ずいぶん入っている。不思議だ。





約束の時刻より少し早めに着いて、店内を拝見する。明るく、清潔で、ラジオが流れる、軽快な雰囲気。

いろいろな物理療法器具(ウオーターベッド、足湯、ウォーマーなどなど)が、効率的に並べられている。

スタッフの動きも機敏で無駄が無い。




でも、それだけではないはず。たくさんの患者さんをさばく仕組みだけでは、駅前のお店には勝てないはず。





何が違うんだろう?
興味津々、院長の動きを追う。



見たところ、Y院長が、一人の患者に触れている時間は、2分以内だ。




少し話した後、Y院長が「では、寝てみてください」。そして、2分間、背面を施術してもらった。





うーん、なるほどーーーーー!確かに、変化を感じる。うまい。と言うか、すごいんじゃない?この人。





と、最初は思った。2分間終わってすぐ、体感の変化があったから。Y院長も、ちょっと得意そう(?)

しかし!その思いはすぐに消えてしまった。胸骨の5番、先生が調整を入れたと行っていた場所が、とてもへんなのだ。(6時間たった、今も違和感あり。)言わなかったけどね。



体感に変化があったのは事実だが、正しい調整になっていない・・・。そして思ったのは、



一瞬で体感が変化したと感じた人は、先生のおかげだと思って、また来院する、本当は治療にはなっていない。一回はとても安いから、毎日くる。本当の治療はしていないのだから、・・・だんだん症状が進んでいく。


なんだか、そんな、悪魔的なシナリオがうかんでしまった。
そういえば、「シナリオ」という言葉は、Y院長も何度も使っていた。





で、Y院長にインタビュー。

以前は、もっともっと、手技中心に、一人一人に時間をかけた治療を行っていた。病院で長年実績をつくってからの独立。自信はあった。でも、もうからない、と言うより、やっていけない、というか食べていけない。その中で、苦しみの中で、大きな優先順位の変化があった。本当に良い施術をすることより、もうかる経営を優先することにならざるを得なかった・・・。

とても、正直に、後進である私に、業界の厳しさを語っていただいた。「治る治療」よりも、「患者が回転する経営」に切り替えざるを得なかった、と。

きっと、それが現実なのだ。事実なのだ。

現実の重みが、Y院長のくやしさが、そして、日本の代替医療の現状が、のしかかってくる。




私の目指す「治すカイロ整体」、なんて無謀なのか?Y院長にできなかったことが、私にできるのか?




できる!とは言えない。でも、降参だ・・・、とは絶対言わない。



チェレンジしよう!治すための整体・カイロプラクティックにこだわって行こう。それが険しい道でも。




そしてもう一つ、Y院長からもらった智慧がある。最初の2分間で変化を体感させれば、すべてが変わる。Y院長の手技はすごかった。



治る施術を突き詰めたい!私が、その器でなかったとしても、そのことを忘れて、カイロプラクティックの理想を汚すことは絶対にすまい。




そのように誓いなおした一日だった。

体質の違いと回復後の運動

 2008-08-22
痛みからの回復後の運動

体質・体型にによって、どんどんやった方が良い体操、避けた方が良い体操があることをご存じだろうか?

例えば、腰痛、座骨神経痛、首痛などから解放されたのに、しばらくすると、また来院される方がいる。元気になったので、いろいろな運動を頑張りすぎてしまい、また痛くなってしまうことがあるようだ。

一般に、筋トレは、痛みを防止するのに有効だと思われている。しかし、例えばあるタイプの弱みを骨盤に持つ方は、ヒンズースクワットのような運動をやりすぎてはいけない。もちろん逆に、そのような運動がとても効果的な方もいるのは事実だ。

実際に、ある年配の女性が、ご主人に勧められた「とても良い運動」を毎日繰り替えした結果、腰痛が再発し、立ち上がれないほどの状態になってしまったことがあった。

骨盤修正の結果、幸いに数回で症状は改善したが、ご夫婦に、骨格のタイプの違いと、体質にあった運動やストレッチ・体操のことを指導した。

相手のために良かれと思って勧めているだけに、難しい。ご主人はがっかりして自信をなくしているし、奥さまはなんだか申し訳なさそうにしている。

でも、とりあえずわかっていただけたようで良かった。

運動一つにしても、その人に合っていて、健康を増進するものと、そうではなくて、健康をすり減らしてしまうものがある。

あなたも、運動をしたその後、妙に体調が良かったり、反対に思いがけないほど疲れてしまったりしていないだろうか?

そのようなときは、信頼できるカイロプラクターに相談してみるのも良いかもしれない。きっと、さらに楽しく運動や生活を送るヒントを得ることができると思う。

腰痛

 2008-08-21
腰痛・・・、多くの人が悩まされているのに、日本では治療方法が確立していません。有名な整形外科の先生が、「腰痛の80パーセントは原因不明。だから正直対処不可能」と言っていました。日々腰痛と闘っている私としては、かなり腹が立ちます。

接骨院に行っても、物理療法(電気治療器など)だけで、解決にならない。体重オーバーと言われても、簡単にダイエットに成功できるはずないし。かといって、高額な自由診療(保険が使えない診療)に通う決心は付かない。

何がいいんだろう、何が一番お金がかからないんだろう?今がつらいだけでなく、これからのずっと痛みをこらえて生きる、もっと悪くなって仕事にも差し障りが出てしまうなんて、とんでもない。絶対それだけはイヤだ・・・。毎日、そのような方々と対話しています。

カイロプラクターの私が、カイロプラクティックをできるだけ早く試してください、と言うのは簡単ですが、整体、カイロプラクティックに賭けてみる前に、やってみることがあります。

ステップ1
まずは、とにかく、整形外科で腰痛の原因を尋ねてみましょう。MRIとか、レントゲンとか、とってもらってください。腰椎ヘルニアとか言われるかもしれません。

で、治る(痛みが無くなり、再発の心配が無くなる)可能性と、それまでの期間をしっかり尋ねてください。

それは受け入れられるようなものだったでしょうか。根本治療に結びつくものだったでしょうか。

ステップ2
運よく素晴らしいお医者さまに巡り会った方、症状が医術によって改善可能だった方、おめでとうございます。一日も早い改善をお祈りしています。

でも、残念ながら、そのようなハッピーな方はむしろ少数なのかもしれません。

8割はわかりません(=治せません)、と平気で言うのですからねー。

ステップ3
針灸(しんきゅう)・マッサージに通ってみる??

東洋の伝統医療術、本来は素晴らしいものだと思います。でも、今の日本では、本物に出会うことがあまりに少ないのが現状。私たちの経験でも、まじめに何年間も通われて、本当にこじらせた状態で来院される方があまりに多いです。最初から来ていただければ、6~7回でめざましい改善が得られたと思われるのに。すごく大変です。

ステップ4
やっぱりお勧めは、「腕の良いカイロプラクティック」に行くこと、です。世界保健機関(WHO)も有効であると認めている、治療方法です。

でも、どこが上手なのかわかりませんね。そこで、チェックポイントをまとめてみました。

チェック1
一回で完全に治る、などと謳(うた)っていない。(そんなはずありません。自己治癒力がそこまで強ければ、最初から病気になんかなりません。痛みが取れたことが、治ったことではありません。

チェック2
施術が有効かどうか見極めるのに、何十回も通う必要があるように説明する。(熟年以下の方であれば、6~7回以内ではっきりした改善が自覚できることが多いです。良心的なカイロプラクティックでは、改善無しに20回以上の施術を繰り返すことはありません。)

チェック3
あなたに対して厳しいかどうか?(本当に直そうと思っているカイロプラクティックでは、あなたに対して、要求することも多いです。3日以内に予約を入れてください、とか、早く直したいだろうけど1週間開けてください、とか。そのように、リードしてくれるのか?そして、あなたが、その指導を受け入れられるのか。)

チェック4
施術前に検査をしっかりする。そして、その説明をわかりやすくしてくれる。(当然ですね。マッサージではありません。治るために来ているのですからね。)

チェック5
次回来院までの心がけを指導してくれる。(姿勢、簡単な体操、ちょっとしたことで改善の進み方が全く違います。)

チェック6
「痛くなったらまた来てくださいね。」と言わない。(これは、悪魔の言葉。痛くなったら表面的に痛みをとって、を繰り返していると、重篤な症状につながります。金属やプラスチックを、曲げては伸ばし、繰り返していると、いつかは、ポロッと破断します。同じです。)

いかがだったでしょうか?思い当たることがあれば、今すぐ行動を!

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィールとHP紹介

しばひろみ

Author:しばひろみ
腰痛、肩こり、座骨神経痛・・・、あなたの痛みを解決するために役立つ情報を紹介します。
痛みの仕組み、ゆがみ取り体操、ストレッチ、カイロ、超音波ケアなど・・・
しばカイロプラクティック武蔵境整体院のホームページへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。