FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

コリの親玉、トリガーポイント

 2009-06-25
コリの親玉、トリガーポイント

コリの親玉、トリガーポイント


トリガーポイントって、何?


患者さんに、「トリガーポイントって何?」と、よく聞かれます。

「コリの親玉です」と、答えるのですが、壁にはったチャートをいっしょに見ながら、少し詳しくお話しします。

トリガーポイントの発見。別のところに痛みやしびれの原因が隠れていた


故ケネディ大統領の主治医であった、トラベル先生は、頑固なコリ、足全体がひどく痛くて歩けない、しつこい頭痛、など、いろいろな患者さんを診るうちに、あることに気がつきました。

痛いところから離れた筋肉の中に、コリコリがあって、そのコリコリを刺激すると、離れたところに痛みやしびれが放散するのです。

例えば、腰の横にコリコリがあると、足全体に、強い痛みやしびれが走ります。

首にコリコリがあると、額やこめかみが痛んだりします。

トラベル先生は研究を続け、コリコリと、痛みの分布のパターンを調べ上げました。

そして、そのコリコリを、「トリガーポイント」と、名付けたのです。

「トリガー」は、「引き金」という意味ですから、「トリガーポイント」とは、痛みや症状を引き起こす点、と言う意味になります。

トリガーポイント」を解消すると、つらい症状が消える


トリガーポイントの大きさ、形、頑固さ、症状の強烈さは、さまざまです。

症状が強烈でも、あまり頑固でなく、あっさり解消することもあれば、

大きくないが、とてもしつこく、なかなか解消しないものもあります。

例えば、足が痛くて、ほとんど歩けなくなって来院された方がいました。

病院でもらった痛み止めも効かないほど、激しい痛みです。

足を地面に付くと、激痛が走るので、自転車に乗って、片足でペダルを踏んで来院されました。

調べると、腰に大きなトリガーポイントがありました。

1回の施術で、トリガーポイントは解消し、症状は全くなくなり、治療は完了しました。

キツネにつままれたような顔をして帰宅されました。

頑固なものもあります。

お尻が痛い、と言うことで来院された方ですが、腰の深いところに、トリガーポイントがありました。

1回ごとに痛みが取れていくのですが、いろいろな姿勢を取ると、痛みが残っている。そこで、別の体勢で痛みを取る、と言うことが続きました。

痛みやしびれが、何から来ているのか、理解することが大事


もちろん、痛みやしびれが、すべて「トリガーポイント」から来ているわけではありません。

ほかにも、神経から来ているもの、循環不良からのもの、関節やスジの不良によるもの、など、いろいろです。

カイロプラクティックでは、これらを総合的に調べ、解決していきます。

トリガーポイントがある限り、痛みやしびれが続く


トリガーポイントの解消は、痛みの解消には、とても有効なことが多いのですが、

病院でとる、MRIやレントゲンには、ほとんどの場合、写りません。

ですから、症状を詳しくお聞きし、体のゆがみを考慮して、丹念に触診で探し、解消していくことが必要なのです。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ

スポンサーサイト

手のしびれ、動かすと痛い指や腕、足のしびれ、お尻が痛い、背中が痛い、腰痛

 2009-06-21
手のしびれ、動かすと痛い指や腕、足のしびれ、お尻が痛い、背中が痛い、腰痛

手のしびれ、動かすと痛い指や腕、足のしびれ、お尻が痛い、背中が痛い、腰痛


お母さんは大変


手のしびれ、動かすと痛い指や腕、足のしびれ、お尻が痛い、背中が痛い、腰痛・・・

昨日来院された患者さんの訴えですが、すべてに共通することがあります。

それは、皆さん、子育てに励まれている、若いお母さんだと言うことです。

産前、産後で、体調・体力、生活が大きく変化


赤ちゃんが生まれる前と後で、女性には、体調面、社会面、生活面で、いろいろな変化が起きます。

仕事から離れたり、つわりが重かったり、赤ちゃんの世話で昼夜のない生活になったり、初めての経験にとまどったり、いろいろなことが、同時に起きてきます。

例えば、お母さんがよくかかる手首の腱鞘(けんしょう)炎は、「初産腱鞘炎」などとも言われたりします。

産後しばらくしたら、カイロプラクティックなどで体の点検を


痛みやつらさをずっと我慢して、こじらせてしまう前に、早めにかかりつけの先生に相談して、体の状態のチェックをしてください。

「病気ではない」状態であっても、体のつらさが取れないときには、カイロプラクティックで、体のゆがみや緊張状態をチェックするのが有効です。

カイロプラクティックは、「病気」と言うよりも、体の「機能的な障害」「不釣り合い」を調べて、調整していきます。

「体のゆがみ」を取って、無理のない体調に調整します。

慢性的な症状に効果が高く、また、症状が重くなる前の健康チェックに有効です。

それにしても、最近、坐骨神経痛の患者さんが多いです。

皆さん、軽いストレッチなどをして、予防に努めてください。

そして、できればひどくなる前に、カイロプラクティックで治してください。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ

姿勢矯正、骨盤矯正 で、毎日を充実させる

 2009-06-17
<strong>姿勢矯正</strong>、<strong>骨盤矯正</strong> で、毎日を充実させる

姿勢矯正骨盤矯正 で、毎日を充実させる


どこも痛くないのにカイロプラクティックを受ける


当院には、「どこも痛くない」「どこもつらくない」と言って来院される方が、たくさんいらっしゃいます。

予約の際に、症状を簡単にお聞きするのですが、「どこも痛くない、つらくない。でも、診て欲しい」と言われるのです。

来院され、お話を聞くと、体のゆがみ や、無理な姿勢が、そのうちに、つらい症状につながることをよく知っておられます。

痛みが出て、うんうん言いながら、毎週通うよりも、定期的に体をチェックして、常に元気な状態で、毎日を充実させたい、と考えておられます。

毎日を充実させる先行投資 と考えられているようです。

姿勢矯正骨盤矯正 は、毎日を充実させる先行投資


どこも痛くない「患者さん」を診るのは、坐骨神経痛や、ぎっくり腰 などで、痛くて困っている患者さんが元気になっていただくのとは、また別のうれしさがあります。

そして、生活で工夫されていること、気をつけられていることについて、いろいろな意見を交換するのは大変有意義なものです。

予防医療 としてのカイロプラクティック


カイロプラクティックは、予防医療 として発展してきた一面を持っています。

単純に言えば、従来の医学は、「悪くなったので治す」、と言う発想です。

それに対して、カイロプラクティックの理想は、「悪くならないように治す」という発想です。

つまり、痛みがあるなしにかかわらず、現在と将来の健康を増進するために、施術を行います。

カイロプラクティックを、健康生活のための先行投資と考えていただける方が、少しずつ増えてきて、大変心強く感じています。

増大する医療費、介護負担の問題を、現実的に解決する 一つの道がそこにあると思います。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ

宇宙飛行士は頭痛持ち。宇宙飛行にもカイロプラクティックが必要?

 2009-06-11
宇宙飛行士は頭痛持ち。宇宙飛行にもカイロプラクティックが必要?

宇宙飛行士は頭痛持ち。宇宙飛行にもカイロプラクティックが必要?


先日、ある雑誌を読んでいましたら、「宇宙飛行士の多くは、頭痛に悩んでいる」という記事がありました。

宇宙飛行士と言えば、スーパー健康体です。

地上で頭痛を感じることはないそうです。

無重力状態で頭痛が出てくる


ところが、宇宙飛行中には、頭痛が出てくるのだそうです。

原因ははっきりしませんが、長時間の無重力状態のため、脳に血液がたまりすぎるためではないかとされています。

体のゆがみの原因である、重力にも、大切な働きがあることがわかります。

赤ちゃんは、重力に適応していく


お母さんのおなかの中では、赤ちゃんは無重力状態です。

生まれてきて、地球の重力に少しずつ適応していきます。

その結果、人間の体は、重力を利用して、脳や脊髄(せきずい)の循環を保っているのです。

しかし、その適応の過程で、脳や脊髄の膜に、少しのねじれが発生したり、筋肉のバランスのくるいが起きたりしてしまいます。

宇宙飛行士は、無重力状態に逆行しなければいけないわけですから、特殊な調整が必要になるかもしれません。

重力とうまく折り合える体を作る


人間は、生き物としてもかなり大きく、しかも、垂直方向に体を伸ばして活動しています。

そして、てっぺんには、重たい(4~5キログラムくらい)頭が乗っています。

しかも長生きですから、最初は小さかったくるいが、だんだんと大きなゆがみになってきても、不思議ではありません。

だからといって、いつもごろごろ寝ていると、宇宙飛行士のように、脳や脊髄の循環が悪くなってしまいます。

昔から、「寝過ぎると頭が悪くなる」と言います。

カイロプラクティックは、脳や脊髄の循環を良くする


カイロプラクティックは、脳や脊髄をおおう膜のねじれを取り、循環を良くします。

そして、体のゆがみを取り、重力とうまく折り合える、健康体を作っていくわけです。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ

姿勢矯正。姿勢指導。腰痛、肩こりを防ぎ、さらに美しく健康に

 2009-06-09
姿勢矯正。姿勢指導。腰痛、肩こりを防ぎ、さらに美しく健康に

姿勢矯正。姿勢指導。腰痛、肩こりを防ぎ、さらに美しく健康に


「体のゆがみを取りたい」


最近少しずつ増えてきているのが、「体のゆがみを取ってほしいのですが・・・」という患者さんです。

患者さん、というのは、合わないかもしれません。

いつかカイロプラクティックを受けてみたかったんです、という方

奥さんやご主人に、「あなた姿勢が悪いわよ、ゆがみがあるんじゃない」、と言われてきた方

体操をしていて、なんだか体の左右が違うような気がする方

いろいろです。

ほとんど治すところが無くて、1~2回でとりあえず終了になる方がいる一方、意外なほどのゆがみや、体の弱点に気がつかれて、もうしばらく通われる方もいます。

大きな鏡の前で、自分の姿勢を見てみましょう


しばカイロには、壁に大きな鏡が備え付けられています。

幅が140センチ、高さは190センチくらいあります。

ゆがみを小さくしたあと、鏡で姿勢を確認しながら、一人一人にあった、適切な姿勢の取り方を、練習します。

中には、「これは、美人鏡ですね」と言われる方もいます。

美人鏡とは、本当よりも姿勢がきれいに見える鏡で、洋服屋などに置いてあるそうです。

しばカイロの鏡は、「美人鏡」ではありません。平らな普通の鏡です。

つまり、あなたの姿勢が、容姿が、よりきれいに、美しくなっているのです!

背中が反り返っているのが良い姿勢?首がでていると、猫背?


とても多いのが、腰から背中を弓なりに緊張させている方です。

この姿勢が、「良い姿勢」と思っている方が、とても多いです。

また、「私、猫背で・・・」と言われる方も多いです。

背中の緊張を取り、おなかのコアの筋肉バランスを回復すると、自然に背筋が伸びます。

その上で、首の肩への乗せ方を練習すると、「猫背」はどこかに消えてしまいます。

身長が伸びることも多いです。

身長160センチの女性で、2センチくらいは変化することがあります。

良い姿勢を保つために、未病を治すために、定期チェックを


姿勢が良くなったあとは、数ヶ月に1回くらい、定期チェックをすることをお勧めしています。

「痛くなる前に治す」のが、カイロプラクティックの理想だからです。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ

狭窄症、すべり症、坐骨神経痛の集中施術

 2009-06-06
<strong>狭窄症、すべり症、坐骨神経</strong>痛の集中施術

狭窄症、すべり症、坐骨神経痛の集中施術


「痛くて、まっすぐ立てなくて、困った」


長野県のMさん(76歳・女性)は一人暮らしをされています。

脊柱管狭窄症、すべり症の所見があり、また、右足には坐骨神経痛が、時折でます。

1ヶ月半前から足腰がとても痛くなり、歩けなくなって、仕事も買い物もできなくなり、困り切っていらっしゃいました。

当院の隣の市に住む息子さんが、しばカイロをネットで見つけられ、そこから通われました。

3週間6回の集中施術の結果、痛みが無く、元気に歩けるようになり、地元に帰られました。

「何をされるかと、とても怖かった。」


最初に来院されたときは、とても警戒されていて、どうしたんだろう?と思いました。

数回目にお話しされたのですが、ここまで悪くなったのは、1ヶ月ほど前に、坐骨神経痛の治療をしてもらいに行った「カイロプラクティック」で、股関節をぐいぐい強く押されてからだそうです。

「骨盤のゆがみに原因があります」と言われ、強く関節を動かされたそうですが、それっきり、痛みで立てなくなってしまったのです。

ボキボキしない、強い力を使わない、調整法であることがわかると、Mさんの警戒も解け、施術を受け入れていただけるようになりました。

1回でまっすぐ立てるようになり、3回でほぼ痛みが消えた


詳しく調べてみると、股関節まわりのバランスが崩れ、左腰・左足の筋肉が固く縮まっていました。

筋肉のバランスを回復しつつ、こわばった筋肉をゆるめました。

そして、坐骨神経の動きと循環をよくしていきました。

1回目でまっすぐ立てるようになり、「まっすぐ立てた!」と驚かれていました。

足踏みをすると、まだ痛みが残っています。

3週間くらいで帰りたいとの希望でしたので、1週間に2回のペースで通院いただく計画を立てました。

2回目以降は、痛みの残っている筋肉を回復させながら、体のバランスを回復し、神経の循環をよくしていきました。

3回目で、足腰の痛みはほぼ無くなり、足踏みができるようになりました。

そうすると、今度は、狭窄症の症状の一つである、間欠跛行(はこう)が現れました。

足踏みを10回くらいすると、足が上がらなくなります。

そこで、4~6回目の施術では、坐骨神経痛の施術を進めるとともに、神経の循環を改善させていき、歩ける距離を伸ばしていきました。

「ボキボキしないので、安心だった。」


Mさんのケースでは、筋力がしっかりしていて、股関節が柔軟だったため、回復が順調だったと思われます。

短期間で、十分な回復をされましたが、向こうに帰ってからの健康体操をいっしょに練習しました。

「ボキボキしないので、安心だった」と明るくおっしゃっていただけました。

きれいな空気と美しい自然を満喫して、元気に過ごされるよう祈っております。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ

坐骨神経痛と筋肉のゆがみの関係

 2009-06-02
坐骨神経痛と筋肉のゆがみの関係

坐骨神経痛と筋肉のゆがみの関係


来院される方に多い症状の一つに、坐骨神経痛があります。

腰痛、肩こりと同じくらい多いです。

狭窄症などを患われた、比較的年配の方だけでなく、10代後半から20代、30代といった、若い世代でも増えてきている印象があります。

お尻や太ももの裏の部分が痛い、座っているとすぐに足が痛くなり我慢できない、足全体に激痛が走る、など、坐骨神経痛の症状は、とてもつらいものです。

坐骨神経は、腰から足にのびている、大きく、長い神経です。いろいろな筋肉や関節を横切っているため、いろいろな部分で影響を受けやすいのです。

今日は、坐骨神経痛の原因の一つ、お尻の深いところにある筋肉「梨状筋(りじょうきん)」との関係についてお伝えします。

梨状筋とは


梨状筋は、骨盤の背中側、お尻の大きな筋肉の内側を、横方向(少し斜め)に走っています。

あまり大きな筋肉ではありませんが、骨盤と、足の骨の上側についていて、足を開いたり、ひねったりする動きをする、大事な筋肉です。

股関節の動きに合わせて、筋肉の位置と角度が変化するため、正しい位置からずれ、ねじれてしまうことがよくある筋肉です。

梨状筋と坐骨神経の関係


約9割の人では、この梨状筋の下を、坐骨神経が平たくなってすり抜けています。

このような方の場合、梨状筋が少しばかりねじれても、神経への影響は、比較的でにくいと考えられています。

ところが、残りの約1割の方は、梨状筋の上側を神経が通っていたり、神経の全部や一部が、梨状筋そのものを突っ切っていたり、しています。

この1割の方は、筋肉の緊張や、ねじれが起きると、神経に直接響いてしまいます。

坐骨神経痛で来院される方の、かなりの割合が、この、梨状筋の異常緊張、ねじれによる神経痛です。

骨盤や股関節まわりのゆがみを取ると解消していく


このような、ゆがみや異常緊張は、レントゲンには写りません。

ですから、病院に行っても、「正常です」と言われてしまいます。

痛み止めや、筋肉をゆるめる薬がでるくらいです。

カイロプラクティックで、骨盤や股関節まわりの筋肉のバランスを取り、筋肉の緊張をゆるめ、正しい位置に戻してやると、坐骨神経痛は消えていきます。

数回の施術で症状が目に見えて改善し、歩けなかった患者さんが元気に歩いて帰られるなど、劇的な改善例が多く、カイロプラクティックが、最も有効な症状の一つです。

約一割の方は、坐骨神経痛になりやすい体の仕組みになっています。痛みを取るだけでなく、再発を防ぐための予防法をお伝えするようにしています。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィールとHP紹介

しばひろみ

Author:しばひろみ
腰痛、肩こり、座骨神経痛・・・、あなたの痛みを解決するために役立つ情報を紹介します。
痛みの仕組み、ゆがみ取り体操、ストレッチ、カイロ、超音波ケアなど・・・
しばカイロプラクティック武蔵境整体院のホームページへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。