スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

腰のトリガーポイント

 2009-07-15
腰のトリガーポイント

腰のトリガーポイント


最近、「トリガーポイント」を知っている患者さんが増えてきました。

「私のこの痛みは、XXのトリガーポイントのせいではないかと・・・」と、来院される方もいます。

テレビなどでも紹介されているそうで、健康に関する知識が広まって、とてもありがたいことだと思います。

trp_zentai
写真は、当院の壁にはってある、トリガーポイントのマップ(一覧)です。

トラベル先生のチームが調べ上げたのですが、頭から足まで、いろんなところにできるのです。

トリガーポイントは、痛みやしびれの原因のひとつ


痛みやしびれは、神経や筋肉、血行や関節の状態など、さまざまな原因から起こります。

これらを総合的に解決していくのが、カイロプラクティックです。

トリガーポイントは、考えられる原因の一つなのですが、本当によく出くわす、痛みやしびれの原因です。

今回は、腰回りのトリガーポイントの例を、二つほど紹介します。

足を床に着けないほどの痛み/足がしびれ痛む → 小殿筋のトリガーポイント


trp_syoudenkin
「X」の部分にトリガーポイントができると、赤い点々の部分に、痛みやしびれが広がります。

お尻の上の部分、ちょうど、腰に手を当てたときに、手のひらが当たるあたりです。

こりがひどい場合には、強い坐骨神経痛に匹敵するほど、強烈な痛みやしびれが、足全体をおそいます。

そこまで行かなくても、足にしびれや痛みがあり、腰がはった感じがします。

坐骨神経痛の治りかけにも、よくあらわれます。

短い回数で消えてしまうことが多い(しばしば1回)です。

いきなり症状が消えて、患者さんはびっくりします。

しかし、再発させないためには、きちんと体のバランスを整える必要があります。

神経痛やヘルニア、関節炎などと間違えて治療すると、いつまでも治りません。

腰や股関節の重だるさ、痛み/ぎっくり腰みたいな強烈な腰痛 → 腰方形筋のトリガーポイント


trp_yhoukeikin
これは、なかなかまぎらわしい例です。

こりの場所は、背中の、骨盤と肋骨の間、位置は、骨盤側だったり、肋骨側だったりします。

腰痛のような、股関節の痛みのような、ぎっくり腰のような、症状です。

ひどいときは、ぎっくり腰のような状態になります。

触診すると、こりがありますので、刺激しますと、痛みが腰から股関節、足の付け根にかけて広がります。

「今、足に何かしましたか?」と、びっくりする患者さんもいます。

腰方形筋のこりは、とても多い症状の一つです。

体の状況を詳しく調べて、正しく対処する必要があります。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、
トリガーポイント治療、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィールとHP紹介

しばひろみ

Author:しばひろみ
腰痛、肩こり、座骨神経痛・・・、あなたの痛みを解決するために役立つ情報を紹介します。
痛みの仕組み、ゆがみ取り体操、ストレッチ、カイロ、超音波ケアなど・・・
しばカイロプラクティック武蔵境整体院のホームページへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。