FC2ブログ

プールでの運動、骨盤への負担に注意

 2008-09-12
プールでの運動、骨盤への負担に注意

オリンピックでの競泳選手の素晴らしい動き、特に平泳ぎでの北島選手の大活躍は、多くの人々を感激させた。私も、見ていてその素晴らしい動き、力強さに感動した。

一般に、水泳やプール歩きなど、水の中での運動は、腰やひざに負担が小さく、リハビリや体力作りには好適な運動とされている。

ひざや腰の疾患の後の運動療法として、勧められることも多い。

また、全身を使う運動として、ご子息に勧めようと思われる方も多いと思う。



カイロプラクターの立場として、気をつけていただきたいのは、「平泳ぎやバタフライは、かなりの割合の方たちにとって、負担が大きすぎる」という事実だ。

というのは、この二つの泳ぎ方は、骨盤への負担が非常に大きい。一部の方は、避けた方がよいと思われることもある。


われわれの臨床経験からすると、骨盤の異常を抱えて来院される方は、8割を超え、9割に近い。

もちろん、そのすべての方達が、平泳ぎをしてはいけないというのではない。

また、平泳ぎやバタフライそのものが、悪いと言っているのでもない。まずは、他の泳法と、バランスをとって取り組んで欲しい。
そして、違和感を感じたら、すぐにトレーナーに相談することだ。

偏った泳法へのこだわりは、腰痛発生の因子になるかもしれない。事実、水泳選手には腰痛持ちの方も多いと聞く。



それにしても、北島選手の平泳ぎのあの素晴らしい力強さ。力強い上半身と、制御された下半身との、バランスだと思う。パワーだけではない、本人はもちろん、コーチの方の真剣さが伝わってくる。そのように思いながら、あらためてビデオを見た。
スポンサーサイト



コメント
ご指摘のように バタフライ・ブレストは
腰に負担がきます。

バタフライは 腹筋・背筋にききますし
ブレストは  ないてん筋を鍛える為に
泳いでいます。

夏場はフィトネスクラブは混んで
泳ぎにくい為
歩行運動しています。

たらたら泳ぐより 真剣歩いた方が
運動効果があるみたいです。

体を壊さないように 全泳法で
泳ぎま~す。
【2008/09/12 03:05】 | オーちゃん #- | [edit]
真剣に歩くのが一番かも、とのご意見、賛成します!

泳ぐより、歩く方が健康作りに役立ちますよ、というのは、ちょっと書き過ぎかと思って・・・。

妥協してました。



先日、足踏み体操の大事さを強調しました。

膝を交互に元気に振り上げる、肩甲骨から上腕、そして腕を、気持ちよく振る、と言う動きには、人類が背骨を垂直にして生きていくための、大事な動きがたくさん含まれています。

それを、重力から解き放たれた水中で行うことの価値は大きいと思います。

今度、まとめてみます。

コメント、ありがとうございました。
【2008/09/13 01:52】 | ひろみ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kaiyudo.blog39.fc2.com/tb.php/27-06ec026c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィールとHP紹介

しばひろみ

Author:しばひろみ
腰痛、肩こり、座骨神経痛・・・、あなたの痛みを解決するために役立つ情報を紹介します。
痛みの仕組み、ゆがみ取り体操、ストレッチ、カイロ、超音波ケアなど・・・
しばカイロプラクティック武蔵境整体院のホームページへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード