スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

腰痛症状のレッドフラグ

 2008-10-04
腰痛症状のレッドフラグ

腰痛症状のレッドフラグ


整体やカイロプラクティックでの腰痛対策に入る前に


前提となることを一つお話しします。

以下の情報は、西伊豆病院 院長 仲田和正先生の著作
「手・足・腰診療スキルアップ(株式会社CBR、2004年7月第1版)」から
引用・要約しながら進めます。

整体やカイロプラクティックに関する意見は、私が追加したものです。

腰痛は大変頻度の高い症状です。


しかし、70~80%はMRIなどの診断でも原因が特定できません。

さらに、腰痛は、発生時の症状が激烈(=魔女の一撃)

なのに

2週間程度で回復するのが通常です。

これは、急性腰痛の場合です。

カイロプラクティックや整体の役割


急性腰痛の回復過程を早め、

再発を防止するのが、

整体やカイロプラクティックの第1の役割です。

腰痛が起きたが、ずっと寝ていなくてもすんだ。職場に戻れた。

一度ギックリやったけど、その後は何もない。

このように皆さんをサポートします。

ところが、これに当てはまらない腰痛があります。


「普通でない」腰痛です。

圧迫骨折

化膿(かのう)性脊椎(せきつい)炎

がん

などからくる腰痛です。

これらの重大疾患が疑われた場合、適切な医療機関に通われることをお勧めします。


われわれは医療従事者ではありませんので、診断はできません。

しかし、

圧迫骨折

脊椎(せきつい)の化膿(かのう)

がん

などの疑いがある場合、適切な医療機関に通われることをお勧めします。

カイロプラクティック・整体の施術は、

医療機関での精密診断、治療、あるいは医師の推薦後に行っていただくようお願いしています。

普通でない腰痛を見分けるレッドフラグがあります。


腰痛のレッドフラグです。

重大疾患を見逃さないために

「普通でない」腰痛を見つけます。


レッドフラグ1


1ヶ月以上続く腰痛



発症直後の耐えがたい痛み、

そしてその後、2~3週間で治るのが、

普通の腰痛です。


レッドフラグ2


夜安静にしていても痛い



夜間安静にしていると、痛みがひいてくる、

でも、動こうとすると、また痛みます。

それが普通の腰痛です。

レッドフラグが立っている場合、


年齢

がんの既往症

体重の変化

発熱、悪寒

脊椎(せきつい)の打撲

感染症の有無

骨密度

ステロイド剤の服用状況

尿意の状況

下肢の神経症状

を確認します。

細かな情報は、本節の内容を離れますので、割愛します。

整体やカイロプラクティックを試すのは、これらの状況の背景が明確になってからです。


整体やカイロプラクティックの目的

は、

自己治癒力を高めて症状を改善し、

不快な症状の再発を防止し、

健康を維持することです。

焦ることはありません。

身体の状態を万全に整えるため、1歩1歩調整を行っていきましょう。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kaiyudo.blog39.fc2.com/tb.php/36-144a93ff
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィールとHP紹介

しばひろみ

Author:しばひろみ
腰痛、肩こり、座骨神経痛・・・、あなたの痛みを解決するために役立つ情報を紹介します。
痛みの仕組み、ゆがみ取り体操、ストレッチ、カイロ、超音波ケアなど・・・
しばカイロプラクティック武蔵境整体院のホームページへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。