スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

腰痛・骨盤のゆがみの防止に大腰筋・腸腰筋を鍛えましょう

 2009-05-24
腰痛・骨盤のゆがみの防止に大腰筋・腸腰筋を鍛えましょう

腰痛・骨盤のゆがみの防止に大腰筋・腸腰筋を鍛えましょう


腰痛やひざの痛みで来院される方のほとんどは、大腰筋・腸腰筋が弱くなっていたり、固く短くなっていたりします。

胃弱や便秘など、胃腸の調子の悪い方にも、大腰筋・腸腰筋が弱っている方がたくさん見られます。

今日は、この筋肉のことについてお話しします。

大腰筋・腸腰筋はどこにある?


大腰筋・腸腰筋は、背骨の下半分と骨盤の内側から、太ももの横の部分に走っている、筋肉群です。

大腰筋・腸腰筋は、背骨と足の位置を支える、最も重要な筋肉です。背骨を支え、足を動かす時の主役です。

牛や馬にもあり、「フィレ肉」「ヒレ肉」として知られています。一番高級な柔らかいお肉ですよね。

こんな主役級の筋肉ですが、おなかの内側から、骨盤の中を走っていますので、腕や足の筋肉と違って、見たり、さわったりしにくく、存在感があまりありません。

ですから、大腰筋・腸腰筋が弱くなっていたり、固くなっていたりしても、なかなか気がつかないのです。

大腰筋・腸腰筋は老化がどんどん進む傾向がある


大腰筋・腸腰筋は、年齢が進むと衰えるのが早い筋肉です。特に、30代から、大腰筋・腸腰筋は、どんどん弱くなってきます。

平均で、50歳代で2/3の太さになり、どんどん弱くなって、70歳代では、40~50%位になってしまいます。

歩く時にひざが上がりにくい、つまずきやすい、3分間もたっていると、つらくなってくる、こんな傾向が現れたら、要注意です。

大腰筋・腸腰筋が弱ると、姿勢が崩れ、骨盤がゆがんでくる


大腰筋・腸腰筋が弱ると、腰痛になりやすく、つまずきやすく、胃腸の調子が悪くなる傾向があります。

これは、大腰筋・腸腰筋が弱ると、足・股関節と骨盤、そして、背骨の位置を正しく維持することができなくなってくるためです。

加えて、体重が増えてきたりすると、腰や股関節、背骨への負担はとても大きくなり、内臓は下垂してきて、いろいろな症状が出てきます

腰痛などの治療では、大腰筋・腸腰筋のバランスを回復する


大腰筋・腸腰筋が、石のようにカチカチになっている方もいれば、弱くなり、だらんとなっている方もいます。

カイロプラクティックでは、固く縮んだ大腰筋・腸腰筋を積極的にゆるめたり、弱くなった状態を強めたりしていきます。

また、施術後は、ストレッチを中心に、簡単な体操をお伝えします。

そうすることで、楽に、良い姿勢が取れるようになり、姿勢が美しくなるだけでなく、腰痛などの症状から回復していきます。

大腰筋・腸腰筋は、腰回りの筋肉バランス回復のかなめなのです。

回復期に入ったら、大腰筋・腸腰筋を鍛えよう


症状が軽くなり始め、回復の軌道に乗ったら、簡単な体操をお伝えして、大腰筋・腸腰筋を鍛えていきます。

私も、毎日患者さんと練習をしています。

しっかりした、長くて柔らかい大腰筋・腸腰筋は、腰痛などの症状改善だけでなく、姿勢矯正、骨盤矯正のかなめです。

あなたもぜひ、大腰筋・腸腰筋のストレッチとトレーニングに取り組んでみてください。

腰痛・ヘルニア・肩こり、身体のゆがみ取り、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kaiyudo.blog39.fc2.com/tb.php/57-aaac15fc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィールとHP紹介

しばひろみ

Author:しばひろみ
腰痛、肩こり、座骨神経痛・・・、あなたの痛みを解決するために役立つ情報を紹介します。
痛みの仕組み、ゆがみ取り体操、ストレッチ、カイロ、超音波ケアなど・・・
しばカイロプラクティック武蔵境整体院のホームページへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。