FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

狭窄症。脊柱管狭窄症の治療

 2009-05-30
狭窄症。脊柱管狭窄症の治療

狭窄症。脊柱管狭窄症の治療


最近多くなってきた、狭窄症の患者さん


最近、来院、問い合わせともに増えているのが、狭窄症(脊柱管狭窄症)の患者さんです。

歩いていると、足が重くて上がらなくなってくる。

気になりながらも過ごしていると、ある日いきなり歩けなくなってしまい、救急車で運ばれたり、家の人に助けを呼ばないと動けなかったりする。

あるいは、狭窄症で手術を受けたのだが、しばらくすると、以前のような痛みや足の重さが返ってきてしまった。

病院に行っても、けん引をしたり、痛み止めの処置をしたり、血行をよくする薬が出たりするくらいで、あまり治る感じがしない。

さまざまな症状や状況を訴えられます。

ですが、すべての方に共通する気持ちがあります。

「元気に歩けるようになりたい。」

そして、

「手術はしたくない。」

です。

狭窄症の治療の効果に影響を及ぼす要因は?


治療がうまく進み、症状が改善するには、どのような要因が影響しているのか、調べた研究があります。

年齢、痛くなってからの期間、症状の重さ、などなど、多くの要因が検討されました。

結論として、はっきり影響が現れる要因が、一つだけありました。

それは、「筋力の低下の度合い」でした。

立つ、歩く、といった、基本的な動作に必要な筋肉が衰えてしまっていると、治療の効果が、でにくくなり、回復しにくい、あるいは長期間かかります。

逆に言えば、筋力さえしっかりしていれば、年齢や期間、症状の重さなどに関係なく、治るチャンスは高いと言うことです。

例えば、狭窄症、すべり症、坐骨神経痛で、2ヶ月近く、まっすぐに立てず、満足に歩けない状態が続いた後、来院された、70歳後半の方は、1回の施術で、まっすぐ立てるようになり、3回の施術で、痛みが消え、5回の施術でかなりの距離を歩けるようになりました。

これは、日ごろからしっかりした筋力を維持されていて、体の柔らかさもあり、そして、動けなくなってからも、少しずつ体操を続けられていたからです。

この例のように、年齢や症状、悪くなってからの期間に関係なく、短期間で改善することは、まれではありません。

歩く、立つ、基本的な筋肉が衰えさせない、そして衰えない早期に治療開始を


狭窄症の治療では、筋力を落とさないように、体操や生活を工夫することが大事です。

そして、症状の自覚が出てきたら、筋力が落ちないうちに、早めに治療を開始することをお勧めします。

狭窄症の治療では、筋力が衰えていない、早期に治療に取りかかることが、よい結果に、順調な回復につながるからです。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクテ
ィックへ
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kaiyudo.blog39.fc2.com/tb.php/60-23925998
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィールとHP紹介

しばひろみ

Author:しばひろみ
腰痛、肩こり、座骨神経痛・・・、あなたの痛みを解決するために役立つ情報を紹介します。
痛みの仕組み、ゆがみ取り体操、ストレッチ、カイロ、超音波ケアなど・・・
しばカイロプラクティック武蔵境整体院のホームページへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。