FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

坐骨神経痛と筋肉のゆがみの関係

 2009-06-02
坐骨神経痛と筋肉のゆがみの関係

坐骨神経痛と筋肉のゆがみの関係


来院される方に多い症状の一つに、坐骨神経痛があります。

腰痛、肩こりと同じくらい多いです。

狭窄症などを患われた、比較的年配の方だけでなく、10代後半から20代、30代といった、若い世代でも増えてきている印象があります。

お尻や太ももの裏の部分が痛い、座っているとすぐに足が痛くなり我慢できない、足全体に激痛が走る、など、坐骨神経痛の症状は、とてもつらいものです。

坐骨神経は、腰から足にのびている、大きく、長い神経です。いろいろな筋肉や関節を横切っているため、いろいろな部分で影響を受けやすいのです。

今日は、坐骨神経痛の原因の一つ、お尻の深いところにある筋肉「梨状筋(りじょうきん)」との関係についてお伝えします。

梨状筋とは


梨状筋は、骨盤の背中側、お尻の大きな筋肉の内側を、横方向(少し斜め)に走っています。

あまり大きな筋肉ではありませんが、骨盤と、足の骨の上側についていて、足を開いたり、ひねったりする動きをする、大事な筋肉です。

股関節の動きに合わせて、筋肉の位置と角度が変化するため、正しい位置からずれ、ねじれてしまうことがよくある筋肉です。

梨状筋と坐骨神経の関係


約9割の人では、この梨状筋の下を、坐骨神経が平たくなってすり抜けています。

このような方の場合、梨状筋が少しばかりねじれても、神経への影響は、比較的でにくいと考えられています。

ところが、残りの約1割の方は、梨状筋の上側を神経が通っていたり、神経の全部や一部が、梨状筋そのものを突っ切っていたり、しています。

この1割の方は、筋肉の緊張や、ねじれが起きると、神経に直接響いてしまいます。

坐骨神経痛で来院される方の、かなりの割合が、この、梨状筋の異常緊張、ねじれによる神経痛です。

骨盤や股関節まわりのゆがみを取ると解消していく


このような、ゆがみや異常緊張は、レントゲンには写りません。

ですから、病院に行っても、「正常です」と言われてしまいます。

痛み止めや、筋肉をゆるめる薬がでるくらいです。

カイロプラクティックで、骨盤や股関節まわりの筋肉のバランスを取り、筋肉の緊張をゆるめ、正しい位置に戻してやると、坐骨神経痛は消えていきます。

数回の施術で症状が目に見えて改善し、歩けなかった患者さんが元気に歩いて帰られるなど、劇的な改善例が多く、カイロプラクティックが、最も有効な症状の一つです。

約一割の方は、坐骨神経痛になりやすい体の仕組みになっています。痛みを取るだけでなく、再発を防ぐための予防法をお伝えするようにしています。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kaiyudo.blog39.fc2.com/tb.php/61-02315e67
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィールとHP紹介

しばひろみ

Author:しばひろみ
腰痛、肩こり、座骨神経痛・・・、あなたの痛みを解決するために役立つ情報を紹介します。
痛みの仕組み、ゆがみ取り体操、ストレッチ、カイロ、超音波ケアなど・・・
しばカイロプラクティック武蔵境整体院のホームページへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。