スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

宇宙飛行士は頭痛持ち。宇宙飛行にもカイロプラクティックが必要?

 2009-06-11
宇宙飛行士は頭痛持ち。宇宙飛行にもカイロプラクティックが必要?

宇宙飛行士は頭痛持ち。宇宙飛行にもカイロプラクティックが必要?


先日、ある雑誌を読んでいましたら、「宇宙飛行士の多くは、頭痛に悩んでいる」という記事がありました。

宇宙飛行士と言えば、スーパー健康体です。

地上で頭痛を感じることはないそうです。

無重力状態で頭痛が出てくる


ところが、宇宙飛行中には、頭痛が出てくるのだそうです。

原因ははっきりしませんが、長時間の無重力状態のため、脳に血液がたまりすぎるためではないかとされています。

体のゆがみの原因である、重力にも、大切な働きがあることがわかります。

赤ちゃんは、重力に適応していく


お母さんのおなかの中では、赤ちゃんは無重力状態です。

生まれてきて、地球の重力に少しずつ適応していきます。

その結果、人間の体は、重力を利用して、脳や脊髄(せきずい)の循環を保っているのです。

しかし、その適応の過程で、脳や脊髄の膜に、少しのねじれが発生したり、筋肉のバランスのくるいが起きたりしてしまいます。

宇宙飛行士は、無重力状態に逆行しなければいけないわけですから、特殊な調整が必要になるかもしれません。

重力とうまく折り合える体を作る


人間は、生き物としてもかなり大きく、しかも、垂直方向に体を伸ばして活動しています。

そして、てっぺんには、重たい(4~5キログラムくらい)頭が乗っています。

しかも長生きですから、最初は小さかったくるいが、だんだんと大きなゆがみになってきても、不思議ではありません。

だからといって、いつもごろごろ寝ていると、宇宙飛行士のように、脳や脊髄の循環が悪くなってしまいます。

昔から、「寝過ぎると頭が悪くなる」と言います。

カイロプラクティックは、脳や脊髄の循環を良くする


カイロプラクティックは、脳や脊髄をおおう膜のねじれを取り、循環を良くします。

そして、体のゆがみを取り、重力とうまく折り合える、健康体を作っていくわけです。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kaiyudo.blog39.fc2.com/tb.php/64-99511bb3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィールとHP紹介

しばひろみ

Author:しばひろみ
腰痛、肩こり、座骨神経痛・・・、あなたの痛みを解決するために役立つ情報を紹介します。
痛みの仕組み、ゆがみ取り体操、ストレッチ、カイロ、超音波ケアなど・・・
しばカイロプラクティック武蔵境整体院のホームページへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。