スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

肩・首のトリガーポイント

 2009-11-15
肩・首のトリガーポイント

肩・首のトリガーポイント


寒くなってきたせいか、首から肩、背中から腰まで、こちこちになって来院される方が増えています。

●肩がはってつらい
●首を動かすと痛い
●急に猫背になった、
●息苦しい
●座っていると背中がはって腰まで痛くなる
●週に何日も頭痛がする
●目の奥が痛い
●目玉を動かすのが固い感じ
●ほお骨の片側が飛び出てきた、
●朝目が覚めたとき肩がどうしようもなく重くつらい、
●ひじや手・指がしびれる、
●腕が上がらなくなった
●急に握力が落ちた
●布団が持ち上げられない
●ドアノブが回せない、
などなど、さまざまな症状を訴えられます。

前回は、腰回りのトリガーポイントを紹介しましたが、今回は、
●肩から背中、腕から手にかけての痛み・しびれの原因になるトリガーポイント
●首から頭、目の奥・こめかみの痛みの原因になるトリガーポイント
の例を、二つほど紹介します。

どちらも、とてもよくある「こり」です。

症状やコリやハリの状態、全身の状態などから、痛みの原因であるトリガーポイントを突き止め、カイロプラクティックの全身調整と合わせた自然療法で、トリガーポイントを解消していきますと、症状が軽くなり、消えていきます。

肩から腕、手の指まで痛む・しびれる、首が痛くて動かせない → 斜角筋のトリガーポイント


斜角筋のトリガーポイント

「X」の部分にトリガーポイントができると、赤い点々の部分に、痛みやしびれが広がります。

斜角筋は、首と肋骨(ろっこつ)・鎖骨をつなぐ筋肉のひとつです。すぐ横を、肩・腕・手に伸びる神経が通っていて、以上があると、痛みやしびれが広い範囲に広がっていきます。

肩甲骨の脇が痛い、肩を動かすと痛い、首が回せない、腕やひじが痛む・しびれる、手の指が痛む・しびれる、など、さまざまな症状を引き起こします。

座り仕事のときの悪い姿勢、体に合っていない枕や寝具、肩掛けバッグ、スポーツでの無理な運動、など、この筋肉が異常を起こす原因はさまざまです。

筋肉にできたトリガーポイントを鎮めることで、症状は改善していきますが、再発させないためには、トリガーポイントを発生させた原因を解消していくことが大事です。

症状が軽くなったところで、再発予防のためのストレッチや、簡単な体操などを、練習していただきます。

首筋から頭、目の奥・こめかみの痛み → 僧帽筋(上部)のトリガーポイント


僧帽筋上部のトリガーポイント
肩こりや首こりから来る頭痛の場合、真っ先にチェックするのがこの筋肉です。

僧帽筋は、背中の上半分を広くおおっている、大きな筋肉です。とても「こり」が発生しやすい筋肉で、いろいろな部分にトリガーポイントができます。

背中や肩のコリやハリにつながることが多いのですが、僧帽筋上部のトリガーポイントは、少し例外的です。

この部分(Xの部分)にトリガーポイントができると、首筋から頭、目の奥・こめかみにかけて、痛みが広がります。

重い感じがする程度のこともありますが、激痛と言ってよいほどの症状が出ることもあります。

僧帽筋上部のトリガーポイントを鎮めると、目の奥・こめかみの痛みが軽くなり、場合によっては、消えて無くなります。

このトリガーポイントも、発生の原因となる習慣や姿勢などを詳しくお聞きし、適切に対処する必要があります。

腰痛・ヘルニア・狭窄症・肩こり、身体のゆがみ取り、
トリガーポイント治療、そのほか、体のお悩みは
武蔵境駅北4分の、しばカイロプラクティックへ
FC2 Management
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kaiyudo.blog39.fc2.com/tb.php/69-6599d74c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィールとHP紹介

しばひろみ

Author:しばひろみ
腰痛、肩こり、座骨神経痛・・・、あなたの痛みを解決するために役立つ情報を紹介します。
痛みの仕組み、ゆがみ取り体操、ストレッチ、カイロ、超音波ケアなど・・・
しばカイロプラクティック武蔵境整体院のホームページへ

最近の記事
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。